スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Curtis Fields / The Climb

10 09, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Curtis Fields / The Climb


Curtis Fields / The Climb (2011) The Climb - Single - Curtis Fields

・About Curtis Fields

Donny Hathawayのようなold school r&bと、Maroon 5のようなnew age rockからインフルエンスを受けているのだというエキセントリックなR&B / Rock アーティスト 『Curtis Fields』は、アラバマ州バーミングハム出身。現在はアトランタをベースに活動をしており、2011年にリリースしたEP 『The Climb』でデビューを飾ったシンガー / MC / ビートボクサー。

・Review

まずは、浮ついたムードを放つハミングに併せビートボックを放つイントロからして好曲の「予感」を高める(#01-"Black Cherry")を聴いて欲しい。

イントロを経て流れ込んでくるふくよかなKeyと、ナヨっとした甘さではなく、まろやか且つコクのあるCurtis Fieldsのテイスティーなヴォーカルがソウルフルな彩りを与えれば、サニーなドラムス&ギター、ウォームな質感で跳ねるベースがハートフルなヴェールで包む、その程よく洗練された爽やかさも同時に振りまくセクシーな佇まいとジューシーな質感による酔い度はカナリ高くオススメの1品に仕上がっている。

もちろん、次ぐ (#02-"Fly") も素晴らしく、ドリーミングなサウンドを背に5オクターブというレンジを持つ"Curtis Fields"の片鱗をあくまで"さりげなく"フローティングさせる甘美さがゾクゾクさせてくれるラップありのCurtis Fieldsのヴォーカルワークに要 (酔う) 注目のナンバーであり、(#03-"Blonca")では、情熱的なリズムを打ち付けるラテン・ビートとインストゥルメンタル・ファンク・バンドを思わせるファンクの熱さ、そしてクールなヴァイブを放つジャズ・インフルエンスをブレンド。音楽の楽しさを詰め込んだ朗らかな構成とCurtis Fieldsの音楽に対する熱意を感じ取れるJazz-Soul / Funkチューンを披露。

全3曲というコンパクトな作品ながら、様々な表情を見せリスナーを酔わせる魅力と「音楽が楽しい。歌うことが楽しい。」という"Curtis Fields"の純粋な息遣いが感じ取れるあたりからも、後の作品・活動に大きく期待をしたくなるオススメのアーティストだ。


・Tracklist

01. Black Cherry
02. Fly
03. Blonca feat. Marcus Johnson

・Customer Ratings (10-09-2011)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable



01. Black Cherry
※EPヴァージョンとは異なる。



●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Curtis Fields

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。