スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Brandee Younger / Prelude

08 08, 2011 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010,Soul-Jazz
Brandee Younger / Prelude


Brandee Younger / Prelude (2011) Prelude - Brandee Younger

・About Brandee Younger

『Brandee Younger』は、10代の頃からハープの勉強を始め、ハートフォード大学の総合公演芸術・舞台の学校である"The Hartt School"で学び、ニューヨーク大学の文学修士を修めたN.Y.はロングアイランド出身のハーピストで、Jack DeJohnette, Ravi Coltrane, Wycliffe Gordon, Charlie Haden, Reggie Workman, Kenny Garrett, Rashied Ali, Bill Leeなどジャズ畑のミュージシャンたちとワーク / レコーディングをこなす傍ら、Commonの"Finding Forever"のイントロや、Cassieのセルフタイトルアルバム"Just One Nite", "Talib Kweli" (Re­flec­tion Eter­nalの"In This World"のビデオにも登場しているので興味を持った方はチェックしてみて欲しい。) といったR&B / HipHopのアーティストの作品においてもハープを披露。2011年7月9日に開催されたMiguel Atwood-Ferguson率いるアンサンブルのメンバーとしてRevive Da Liveがホストとプロデュースを担うオリジナルソングおよび、Dillaのアンリリース・トラックのカヴァー、Gil Scott-Heronのトリビュートを含むライブ (feat. Zap Mama, Pharoahe Monch, Jose James) にも名を連ねており、ハープ協会ロングアイランド支部の副会長でもあるらしい。

・Review

Brandee Younger / Prelude

(#01-"So Alive")
ややオリエンタルな趣きを感じさせる冒頭から、しなやかでありながらその存在感をひしひしと訴えかけてくる力強さや生を備えた静の中に息づくハープの滑らかな躍動感が後半へと進むにつれて徐々に淡い情熱を滲ませていく、その凛として煌めくBrandee Youngerのパフォーマンスに打たれる。セピアなヴォーカルを吹き込む"Niia"との相性もGood
(#02-"Angel Eyes")
瞳の奥に吸い込まれていく光景を映し出していくかのように神秘的な旋律や、美しい瞳に魅せられ昂ぶり嬉々とする姿を描く演奏陣のパフォーマンスがタイトルを見事に表現している魅惑のフィーリングや陶酔感が心地よい。
(#03-"Hortense")
Reggaeを思わせるbass / drumsといい、タイトルといい"Hortense Ellis"へのオマージュなのだろうか?底から突き上げてくるヴァイブはReggaeでありながら、シルキーなBrandee Youngerのハープがスムースに横切る繊細さや美しさが上品なReggaeというと語弊を招きそうだが、夏の夜のお供にしたくなるラウンジライクな絶品へと昇華させている。エクセレント!
(#04-"Oriental Folk Song")
Wayne Shorterのナンバーをカヴァー。子守唄を歌うように優しく温かい声質で歌い上げる"Niia"や、肌触りの良い軽やかなパフォーマンスがオリジナルとは異なる角度から魅力を映し出している好カヴァー。

Magnificent!!, Excellent!!!, Beautifull!!!, I Want to hear MORE!などなど思わず飛び出てしまう率直な言葉で賛辞されているのも頷けてしまう、4曲という収録曲数の少なさすらものともしない充実の1枚。

Brandee Youngerに限ったことではないが、R&B / HipHopのアーティストの作品に彩りを与えている素晴らしいミュージシャンがいるということや、バイオグラフィーで紹介したとおり、Common, Cassie, Talib KweliなどとレコーディングをこなすBrandee Youngerを通じて、R&B / HipHopとJazzとの接点を身近に感じてもらえたらという思いを絡め、Reggaeを混成した (#03-"Hortense") ならば敷居も高くなく洒落ているので特に (#03) を本盤のオススメとして挙げたい。

・Tracklist

01. So Alive feat. Niia
02. Angel Eyes
03. Hortense
04. Oriental Folk Song feat. Niia

・Customer Ratings (08-08-2011)

amazon (JPN) ☆ - Unavailable
amazon (USA) ☆ - Unavailable
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×10, ☆☆☆☆×2)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

03. Hortense


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Brandee Younger

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。