スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Diamond District / In The Ruff

01 04, 2011 | Tag,HipHop,2000,HipHop2000
Diamond District / In The Ruff


Diamond District / In the Ruff (2009) In the Ruff - Diamond District

DJ Jazzy Jeffの2002年作"Magnificent"への参加などA Touch of Jazzでのワークをこなし、ワシントンD.C.のコレクティヴ="Low Budget"のメンバーとしても活動する傍らソロ活動、J-Live, Jean Grae, Flying Lotus, Declaime, Prince Po, LMNO, Georgia Anne Muldrow, OlivierDaysoulら多くのコアなアーティストとの共演と精力的な活動を展開しているワシントンD.C.の鬼才"Oddisee"(MC/PRODUCER)が同郷の"XO", "YU"と共に結成したユニット"Diamond District"のデビュー盤が"In The Ruff"
トラックメイキングの主軸は勿論Oddiseeが担い、Kev BrownやDunc, Slimkat 78がゲストプロデューサーとしてバックアップする本盤の中身は、世間の流れなど何のその!ブレを全く感じさせない硬質さ、黒々しさ、ファンクネス、電子音&サンプリングソースで醸し出すメロディアスさ、生音のフレッシュさとヒップホップの魅力の髄を肌身に感じる痛快な1枚。

どこを切ってもイイ曲なんだから聞けば解るでしょ!?

そんな言葉で締めたいほどですが...活き活きと弾ける粗めのビートにベルが無機質に鳴り渡り電子音が鋭く切り裂く#01-"Streets Won’t Let Me Chill", くぐもった煙たいビートに陰湿なヴァイブとシンセ・ベースが地を這う黒く冷たい世界観がクセになるディープな#02-"Who I Be", メロディというよりは淡々とループする電子音が捻り出すヒップホップとしての病み付き感と太いビートを主軸にしたシンプルな構成でも圧倒的な存在感を示す、タイトルとおりベーシックな魅力とループの魅力に溢れる#03-"Back To Basics", Rzaあたりのタッチが好きな方には持ってこい?土臭ささと黒々しさが入り乱れ妖しい風を運ぶオルガンが漂い、退廃的なKeyが無常に流れ込む哀愁濃度高めの#04-"I Mean Business", パワフルなドラムスにチョッピングされた打楽器、ソウルフルで雄大なホーン、スリリングなストリングスが一丸となってヴォルテージを突き上げる#05-"Get In Line", メランコリックなギター・ループと声ネタに憂いを帯びたメロディアスなラップ、聞きやすいコーラスで印象的に仕上げた親しみやすいタイトルソング#06-"In The Ruff", ざらついたフィルター越しに時を刻むドラムマシンにブルージーなサンプリング・ソースを組み合わせ、ゆとりを持たせたマイク捌きで奥行きのある味わいを設けた哀愁キラーチューン#07-"The Shining", 猛々しくほとばしるドラムスとJAZZ-FUNKなオルガンが痛快に駆け抜けていくダイナミズム溢れる#09-"Make It Clear", 粗さを一つの魅力として加えていた前曲までとは一転、和やかでソウルフルなヴァイブでリスナーをチル・アウトさせる幻想的な#10-"First Time", タイトルに偽りなし。ミッドナイトを演出する甘くセクシーなジャジー・サウンドとスムース・ソウルを纏いマイクを捌くレイドバック・チューン#12-"Off The Late Night", Kev Brownがトラックメイキング&ゲストラッパーとして参加する印象的かつタイトなビート&サウンドのスタイリッシュさが際立っている#13-"Something For Ya'll"などなど、隙など微塵も感じないハイクオリティなトラックを捻出。


Diamond District / In The Ruff ~Tracklist~
00. Intro
01. Streets Won't Let Me Chill
02. Who I Be
03. Back To Basics
04. I Mean Business
05. Get In Line
06. In The Ruff
07. The Shining
08. The District
09. Make It Clear
10. First Time
11. Let Me Explain
12. Off The Late Night
13. Something For Ya'll
14. Hologram

Customer Ratings (01-04-2011)
amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×5)
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×88, ☆☆☆☆×4, ☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - There are no customer ratings
TOWER RECORDS (USA) ☆ - There are no customer ratings

01. Streets Won't Let Me Chill


06. In The Ruff



●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Diamond District

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。