London Hutchins / Loving Education

12 20, 2010 | Tag,R&B,2010,R&B2010,Crossover
London Hutchins Pic


London Hutchins / Loving Education (2010) London Hutchins Loving Education - London Hutchins

今回はLuther Vandross & Sharon Bryant 参加のCrossover R&Bのオススメ盤を紹介。

ミシガン州デトロイトはフリント生まれのシンガー・ソングライター/ミュージシャン"London Hutchins"は、14歳の頃に移住した先であるカリフォルニアでQuincy Jonesのレーベル"Quest Records"から契約のオファーを受けたLondon Hutchins初のバンドの結成~"American Film Institute"へ通っていたこともあり、Steven Spielbergが制作指揮をとりFrank Marshallが監督を務めた映画"Arachnophobia"のタイトルソングの作成とレコーディングも担うなど評判を獲得。その後、Lionel RichieやDiana Ross, The Jacksonsらと共に歌を書き上げるなど実績に伴いE.M.I.と契約を結ぶまでに至る。
後に、ロケーションをN.Y.へ移したLondon HutchinsはThe Hit Factory/Astoria Entertainmentと契約を結び、Loving Educationの構想を練り始め、名プロデューサー/エンジニア"Ray Bardani"や"Luther Vandross", こちらも名シンガー、Atlantic Starrの"Sharon Bryant"(Zenの"I Love You"でも参加しているんですがZenの記事を覚えてる方いますかね~?結構イイ曲なんですよ)他、 ビック・アーティストのアルバムをバックで支えてきた"Vinnie Colaiuta"や"Nick Moroch", "Jesse Levy"らを迎え、2010年... 新しくサインを交わしたLadybird Recordingsからリリースしたアルバムが本盤"Loving Education"

Luther VandrossとSharon Bryantが参加ということだけでも十二分に触手が伸びる要因となるLoving EducationはR&B(サウンドを聴く限りSOULも含んでいると思う)×POPというクロスオーヴァーなコンセプトを持ちつつも、そのサジ加減は程よく、行き過ぎたPOPさ、セールスを意識した安易なR&Bブレンドという路線ではなく、London Hutchinsの声質も含めて例えるならばMichael Jacksonの声質とトラックにStevie Wonderの温かさを足した感覚。
ライト・ファンクとクールで爽やかなヴァイブを盛り込みMichaelの影響を受けているであろうVo.を被せるシティ・ポップ#01-"In the City"で始まり、トランペッター"Jon Faddis"のソロも手伝いスムースでリッチなメロディアスさを漂わせる×JAZZの#02-"Love Play"あり、聴き手の心に歌声・サウンド共に温もりを与えるStevie Wonderのソウルフルさを感じずにはいられない良質なバラード#04-"Tracy"もあれば、「R&B×Latin×Pop」による爽やかなラテン・グルーヴものの#05-"Loving Education"あり、Maxwellが一番近いか?ネオソウル寄りのR&B×POPという感触を受けるアーバンな#10-"Come Back"あり、止めにLuther Vandross & Sharon BryantがバックアップするSOUL/R&Bファン泣かせの共演#07-"Save Your Soul..."などとバリエーションもあって楽しめるし、トラックも安定していてアルバム全体を通して温かみのあるトラックメイキングとLondon Hutchinsの歌唱が魅力となって広がる。
Luther VandrossとSharon Bryantという客演からして、ターゲットとするリスナーの年齢層も比較的上のゾーンを狙ったクロスオーヴァーものの模範的な1枚であり、現メインストリームのR&Bとは立ち位置が異なるため、聴き手に左右される嫌いはあれどもクロスオーヴァーなR&B盤としては良質な1枚。

London Hutchins / Loving Education


London Hutchins / Loving Education ~Tracklist~
01. In the City
02. Love Play
03. Superman
04. Tracy
05. Loving Education
06. Daddy
07. Save Your Soul... (feat. Luther Vandross)
08. Divine
09. I Aint Mad
10. Come Back
11. Little Sista
12. If You're Gone

Customer Ratings (12-27-2010)
amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

※現在のところアップロード試聴がないため、試聴はi-Tunesかamazonでお願いします。sorry...


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in London Hutchins

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...