スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Casual / Fear Itself

11 16, 2010 | Tag,HipHop,1990,HipHop1990
Casual / Fear Itself
Casual / Fear Itself (1994)

今回はDel tha Funkee Homosapien, Souls Of Mischiefに続くオークランドのHIP-HOP集団"Hieroglyphics"のクルー第三弾目のアーティストとして送り出されたCasualのデビューアルバムにしてHIP-HOP CLASSICでもある"Fear Itself"をおすすめ。無論のことハイエロから"Domino"と"Del Tha Funkee Homosapien"がプロデューサーとして加わりつつもCasual自身も#02, #04, #09, #11, #15などを手掛ける本盤ではSouls Of Mischiefの"A-Plus"と"Tajai", "Pep Love", 2Pacが在籍していたことでも有名なDigital Undergroundから"Saafir"などが参加。高鳴る期待を聞く度に沸々とたぎらせるRoy Ayersの"Shining Symbol"使いのイントロで始まる本番の中身は...

Ben E. Kingの"Don't Play That Song (You Lied)"のベースラインを浸透させたドープなビートにスリリングさを付与するスネア、気だるいファンキー・ホーンによる太いトラックにToureのコスリがフレッシュに弾けるシングル#05-"That's How It Is"や、とにかく太くディープ...この太さがあるからこそJazzyなタッチで彩るKool & the Gangの"Blowin' with the Wind"が清涼剤として作用する洒落っ気Jazzy云々ではくくれないHIP-HOPの魅力が渾然一体となり誘惑する#09-"I Didn't Mean To"にFreddie Robinsonの"River's Invitation"のブルージー臭とCurtis Mayfieldの"Hard Times"をサンプリングしたドロリとした黒さとCasualのネットリとディープなラッピンでドップリと浸れる中毒指数の高い#07-"Follow The Funk"などが示すぶっとさと、Tom Scottの"Rural Still Life #26"の冒頭とJohnny Hammondの"Big Sur Suite"のドラムスをサンプリングしJazzというよりはJazz-Funk/Fusionサイドからの切り口を使い前述した2シングルよりファンキーなアプローチを魅せるシングル#03-"Me-O-Mi-O", 同系統(ファンクな切り口)では同じくJazz-Funkからの切り口、Nathan Davisの"Tragic Magic"をサンプリングしご機嫌なフック「フーズィーロ~ン♪」が脳天から身体すべてをノリで昇天させてくれるDel tha Funkee Homosapien & Pep Love参加の#08-"Who's It On"や、ファンク・バンドBlack Heatの"Chicken Heads"をサンプリングすることで更にファンク・チューンっぷりが加速。何よりも#09-"I Didn't Mean To"の渋めのフロウと、こういったファンキーなトラックで魅せるフレッシュでメロディアスなCasualのフロウとの違いを楽しみたい#13-"Lose In The End"などが示すJazz~Funkネタで構成されたファンキッシュ/フレッシュな面の両サイドの魅力があり、それぞれのトラックでスタイルを変えるCasualとしてのアクが出たフロウが魅力。他、Roy Ayersの"Brawlin Broads"のクールなヴァイブに合わせスムースなラップでクールな空間を颯爽?優雅?にフロウする#14-"Thoughts Of The Thoughtful"のチルさ加減もGoodなHIP-HOP CLASSIC盤!

Songs
01. Intro
02. You Flunked
03. Me-O-Mi-O
04. Get Off It
05. That's How It Is
06. That Bulls**t
07. Follow The Funk
08. Who's It On
09. I Didn't Mean To
10. We Got It Like That
11. A Little Something
12. This Is How We Rip S**t
13. Lose In The End
14. Thoughts Of The Thoughtful
15. Chained Minds
16. Be Thousand

♪ 03. Me-O-Mi-O


♪ 05. That's How It Is


♪ 09. I Didn't Mean To


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Casual

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。