スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Saunders Sermons / Classic Delight

10 27, 2010 | Tag,R&B,Jazz,2000,R&B2000,Jazz2000
Saunders Sermons / Classic Delight
Saunders Sermons / Classic Delight (2009) Classic

Saunders SermonsはR&BサイドではMaxwellの"BLACKsummers'night", Hip-HopサイドではJay-Zの"American Gangster"や50 Cent, Diddy, JazzサイドではD' Angeloとの共演、R&B/Hip-Hop/Jazzを同一線上で表現すべくRh factorとしても活動しているトランペッター"Roy Hargrove", スキャットもかまし、枠を超えたFlying LotusやMoodymann,Nicola Conteらとワークをこなすジャズシンガー"José James"との共演と幅広いジャンルで活動するフロリダ州マイアミ出身のソウルジャズ・シンガーソングライター兼トロンボーン奏者。
今回はMaxwell, Jill Scottとのツアー、そして自身のニューアルバム・リリースも控え"Yahzarah"をフィーチャーした悶絶ニュー・シングル"You Got A Hold On Me"をリリースしたSaunders Sermonsのデビュー・アルバム"Classic Delight"をデリバリー。

Review
人によってはコレをR&Bにカテゴライズにしちゃうの??って意見もあるかもしれませんが、ガサツな造りが表面上で目立つ昨今のべた塗りR&Bマーケット...R&B/Hip-Hopはティーンだけのミュージックじゃない!!そんな黒船の思いを代弁してくれるSoul-Jazz~R&Bを全7曲しっかりと聞かせ酔わせてくれるハイリコメンドな1枚でJazzとR&Bの架け橋をしっかりとしてくれる貴重な盤。
Jazzはあまり聞かないなんて方はMaxwellとの共演やD' Angeloと接点を持つRoy Hargroveとの共演という経歴に思わず聞きながらニヤリとしてしまう濃厚な味わいを放つネオソウル・チューン#04-"I Need", Key&ストリングスを筆頭にフィリー界隈のタッチを滲ませエレガントに込み上げていく込み上げツボを押さえたビューティフル・チューン#07-"Most Beautiful" #04, #07でグッと胸を捕まれたら感傷的に打ち寄せるエモーショナルなピアノとゆったりと時と思いを刻み溶け込ませていくドラムスのコントラストに乗せて味わい深く丁寧に歌いこんでいく#02-"Don't You Understand", そして前述2曲より少しJazzのエッセンスを強くしながらも歌い口を筆頭にR&Bの残り香が尾びれを引く#01-"Day Dreaming"とR&B⇒Jazzと徐々にシフトしていくとSaunders Sermonsの魅力の輪郭を感じやすいかも。
Jazzサイド寄りではスイングを効かせた歌唱でご機嫌にSaunders Sermonsもバック陣も跳ね回る#05-"Gee Baby, Aint I Good To You?", R&B/Hip-Hop/Jazzを股にかけつつもJazzは片手間ではないと感じさせるサウンドと肩の力を抜いた暖かくシルキーなヴォーカルで秋から冬を特に彩ってくれそうなムード満点の#06-"In A Sentimental Mood", 自身がインスパイアを受けたとしているNat king Coleのカヴァー#03-"Straighten Up and Fly Right"でしっかりと聴かせてくれます。
さらにR&BにアプローチしたSaunders Sermonsを味わいたい方はYahzarahとのコラボ・シングル"You Got A Hold On Me"をオススメします。

Saunders Sermons / Classic Delight
01. Day Dreaming
02. Don't You Understand
03. Straighten Up and Fly Right
04. I Need
05. Gee Baby, Aint I Good To You?
06. In A Sentimental Mood
07. Most Beautiful


07. Most Beautiful



●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Saunders Sermons

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。