スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

For Lovers Only / FLO ~90'S R&Bヴォーカルグループ名盤をおすすめ~

08 02, 2010 | Tag,R&B,1990,R&B1990
For Lovers Only / FLO
For Lovers Only / FLO (1994)

今回は、黒船おすすめの90'S R&Bヴォーカルグループを紹介。
ジャケもその存在も地味ながら、90'S R&Bヴォーカルグループにおいてカナリの実力派。

For Lovers Onlyは"My Girl"や"Papa Was A Rolling Stone'"の大ヒットナンバーを保持するソウル・ヴォーカル・グループ最高峰に位置するThe TemptationsのメンバーOtis WilliamsとMelvin Franklinによって発掘されたR&Bヴォーカルトリオで、メンバーはミシガン州バーミングハム出身の"Terry Wayne Weeks", インディアナ州サウスベンド出身の"Defrantz E. Forrest", そして"Michael Wayne Dickerson"の3人。
Otis WilliamsとMelvin Franklinの御眼鏡にかなった3人の実力はチョット渋いけど本盤からのシングルカット・ナンバーRoberta Flack & Donny Hathawayの名曲をカヴァーした#03-"The Closer I Get To You"を聴けば即納得。渋さ、甘さ、甘酸っぱさが耳の中でトロケ合う極上のヴォーカル・ワークにビューティフル!の一言を告げ失神。
そして、その実力と魅力は決してカヴァーソングにもたれ掛かる陳腐なものではないことは他のナンバーを聴いていただければハッキリと解るハズ。他のメンバーもリードをとれる実力派ですが特にメインでリードを取るTerryのヴォーカルは圧巻...

Review
フィンガースナップと絡み合う上質な甘~いメロディに重なるスムースなコーラス...そんな甘い空間を徐々に包み込んでいくTerryの熱~いヴォーカルが女性を刺激⇒女性をメロエロにしそうな#04-"Anything You Want",
ドラムマシンにビタースイートなKeyを絡ませた甘口NJSグルーヴが効いた、これぞ90'S R&Bのグッドヴァイブな匂いをムンムンと放ち溢れるトラックに確かなSOULを感じさせる濃厚な歌いっぷりに誘われ深夜や深夜のドライブにPLAYしたくなる興奮の逸品ミディアム(程よいアエギ声が、またイイ!:笑)#07-"Nasty Groove",
どこまでも伸びやかで爽やかなスイートヴォーカルの中で熱く官能的な昂ぶりも垣間見せ、甘口テイストでも軟さを感じさせないFor Lovers Onlyの確かな実力と魅力が終始ギッシリと詰まった#09-"I Don't Wanna Let (Your Love Go)",
やんわりとファンクラインを描くシンセ & Keyに濃厚で伸びやかなリード & コーラスを魅せたかと思うと03:20付近ではファンクな歌唱を織り交ぜるなど、その貫禄と余裕がファンクな味付けとよく馴染み、より濃厚で味わい深いナンバーに仕立てあげているファンクとハーモニーのWパンチに酔う#12-"Take Me",

そして、上記ナンバーと大きく構成を分けたNJS(New Jack Swing)が色濃いアップ・チューンも配置され、そのテイストはBoyz II Menの"Cooleyhighharmony"収録の"Under Pressure", "Motownphilly", "Sympin"などを思わせるNJSとハーモニーを駆使した相互の高まりをグルーヴへ転化させているスタイルと、優等生のBoyz II Menとは対照的なJodeciのような肉体的な熱を帯びたセクシャルでスリリングさと、両グループの良いところを抽出したスタイルが魅力。
NJSが色濃いナンバーでは、上記スタイルが特盛り。時折G-Funk系の音を靡かせるシンセを纏ったスリリングなサウンドとちょいとナスティなビートに魅惑のヴォーカルがハジケまくる#02-"I Ain't Stuck On Stupid",
一部Bobby Brownの"Every Little Step"に似たメロディを放つ爽やかなサウンドとNJSゴリ押しではないライトなグルーヴに清涼感のあるコーラスがバッチリと絡んだ爽快さが夏にPLAYしたくなる#05-"Gowiththeflo",
NJSチューンの中において、よりバウンシーに、よりスリリングに、よりエロくというコンセプトを凝縮したかのような昂ぶりが熱すぎる08-"Just Because You're Fine",
Teddy Riley産のNJSに負けず劣らずのメロディアスなKeyとフレッシュに弾けるビートが流麗でフロアライクな良質のNJSサウンドを生み出している#14-"Do What You Wanna Do"などインタールードを含む全14曲。

Songs
01. The Closer I Get To You (Interlude)
02. I Ain't Stuck On Stupid
03. The Closer I Get To You
04. Anything You Want
05. Gowiththeflo
06. Calling Out Your Name
07. Nasty Groove
08. Just Because You're Fine
09. I Don't Wanna Let (Your Love Go)
10. I Just Wanna Be
11. Take Me (Interlude)
12. Take Me
13. Was Sex All We've Had
14. Do What You Wanna Do

03. The Closer I Get To You


07. Nasty Groove


09. I Don't Wanna Let (Your Love Go)


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in For Lovers Only

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。