Maurice Brown / The Cycle of Love

07 31, 2010 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010
Maurice Brown / The Cycle of Love
Maurice Brown / The Cycle of Love (2010)
The

今回はR&B/HIP-HOPから一歩踏み出し今夜はJAZZを...なんて気分の方にR&B/HIP-HOPとの架け橋をしてくれる黒船おすすめの2010年産のJAZZ盤を紹介。
メインストリームのHIP-HOP/R&Bを強く連想させるジャケなんですが、、、中身はブラックミュージック・ファンを唸らせるソウル・ジャズの名盤。それは「俺はソウル・ミュージックをやっているんだ」と言い放ったD'Angeloが追い求め体現する情熱と近いモノを感じずにはいられない興奮盤。

Common, D'angelo, Erykah Badu, Anthony Hamilton, Steve Coleman, Karl Denson, Shelby Johnson, Stephanie Mckay, Meshell Ndegeocello, Renee Neufville, Q-Tipらを迎えFunk, R&B, HipHopの持つ感覚を同一線上に表現したRH Factor名義における"Roy Hargrove"の"Hard Groove"収録"Common Free Style"や"Out Of Town", Talib Kweliの"Eardrum"収録"Stay Around"他、Aretha Franklinの"Jewels In The Crown: All Star Duets With The Queen Of Soul", De La Soulの"Are you in?", Gordon Chambersの"Love Stories", 最近ではDJ Centerの"Everything In Time"などR&B/HIP-HOPの諸作品においてもプレイしているジャズ・トランペッター。
イリノイ州ハーベーで生まれ、高校生の頃にして"Ramsey Lewis"と共にプレイ、その後ニュー・オリンズ出身のクラリネット奏者"Alvin Batiste"の下で共に活動し、更にはClark Terry, Johnny Griffin, Curtis Fuller, Stefon Harris, Ellis Marsalis, Lonnie PlaxicoといったJAZZの名プレイヤー勢とセッションを重ねているMaurice Brownは2004年に、初のデビュー盤ながら高評価を得ている"Hip to Bop"でデビューを飾り、2010年に待望の2ndアルバムである本盤"The Cycle of Love"をリリース。

Maurice BrownjeReview
「突出したソウルフルなメロディセンスとリズム感」

RH Factorの名で「ピン」ときた方も数多くいるかと思いますが、HIP-HOP/R&Bを吸収したリズム感、安請け合いな形容とは一線も二線も置くソウルフルなメロディとグルーヴ。これこそがMaurice Brownの最大の強みであり魅力。

RH Factorとの共演を強くリスナーの頭にリプライズさせる彩り豊かでウォームな音色で包み込む#02-"Good Vibrations"や#05-"Merry Go Round"のようにRH Factorに近しいスタイルを感じさせる曲も含みつつも、Roy HargroveがRH Factor名義で体現したモノよりもJAZZのエッセンスが色濃く、街中で暮らす人々が同じ時間軸を多種多様に過ごす中、等しく時を刻んでいく様を表現しているような遊び心に満ちた展開を繰り広げていく#04-"Time Tick Tock"などで上記のリズム感とジャズのエッセンスをMaurice Brownらしいジャズ・スタイルで魅せてくれる。
普段、JAZZよりHIP-HOPやR&Bを聴くことが多い方やRH Factorが好きな方には#01, #02, #05, #10あたりのソウルフルなヴァイブが強いナンバーがおすすめ。



Songs
01. Fly by Night
02. Good Vibrations
03. Misunderstood
04. Time Tick Tock
05. Merry Go Round
06. Lovely
07. The Cycle of Love
08. The Connection
09. Daydreams
10. Reflection

04. Time Tick Tock


09. Daydreams (LIVE at the Harlem Gatehouse)


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Maurice Brown

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...