スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Barrino Brothers / Livin' High Off The Goodness Of Your Love

05 27, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970


Barrino Brothers / Livin' High Off The Goodness Of Your Love (1973)

"The Supremes"や"Four Tops"など1960年代のMotownサウンドを担い、L.A.へ本拠地を移すMotownに対してデトロイトに残りInvictusと姉妹レーベルHot Waxを立ち上げ良質なノーザン・ソウルを生み続けたプロダクションチームHolland-Dozier-Holland aka H-D-H(Brian Holland, Lamont Dozier, Eddie Holland)の下、
Executive Producer : Ronald Dunbar
Produced : Ronald Dunbar, William Weatherspoon, Winford Terry, Raynard Minor
の手によってInvictusから1973年にリリースされたJodeciに在籍、後のK-Ci&JoJoのHailey兄弟の叔父が在籍していたデトロイト産のヴォーカル・カルテットBarrino Brothersのアルバムが"Livin' High Off The Goodness Of Your Love"です!シングル"I Shall Not Be Moved"や"Born On The Wild"や激ファンクな"Just A Mistake"などをリリースしていますが残念ながら本盤には未収録という、、、コンピですがi-Tunesで"Just A Mistake"を発見したので気になる方はどうぞ>>>The Barrino Brothers - Dave Hamilton's Detroit Funk - Just a Mistake

Review
優雅で伸びやかなストリングス、程よい心地よさを突いてくるパーカッション&ギター上でBarrino Brothersの自由なヴォーカルと熱いコーラスが飛び交うヴォーカルワークの美しさと情熱にのっけから涙モノの01)"I Had It All",
熱さに涙した後は美メロも美メロなストリングス&ピアノと柔らかくハートフルなヴォーカル・ワークが映える02)"It Doesn't Have To Be That Way" & テンポはそのままに哀愁感たっぷりのサウンドとどこか郷愁的なヴォーカルにどっぷりと浸れる03)"Rain", 感傷的になった後は軽快なドラムス&ギター&クラヴィが先導するGroovin'なサウンドと覚えやすく親しみやすいサビでテンションが上がる04)"Try It, You'll Like It", 冒頭部分のスリリングな幕開けを50 Centが"Crime Wave"ネタでピックした昂ぶる感情そのままと言いたくなる鋭いサウンドと男らしいエモーショナルなヴォーカルと切なく狂おしいコーラスがカナ~リ沁みるアップ・チューン05)"I Can't Believe You're Gone", これもヤバイですね、、、
06)"Livin' High Off The Goodness Of Your Love"はストリングスの華やかさとしなやかさにパーカッション×ワウ・ギター×ファンクなホーン&ピアノの黒さと土臭さが黄金比でブレンドされたサウンドに肩を張っていない、でも力強く熱く確かに心に訴えてくるファンタスティック・ヴォイスが蹂躙する様が最高!
終盤を前にしてサウンドは郷愁さを帯びたものへ、、、塩辛いヴォーカルと心を突くマイルドなコーラスのバランスが魅力でとにかく聴いていて心地がいい07)" When Love Was A Child", そして締めはステップを踏まずにはいられない軽やかでフロア・ライクなダンス・チューン08)"Well Worth Waiting For Your Love"でテンションは下がらず、もう一度冒頭からPLAYしたくなること必死のサウンド/ヴォーカル共に秀でたSOUL/FUNK傑作盤です!

Songs
01. I Had It All
02. It Doesn't Have To Be That Way
03. Rain
04. Try It, You'll Like It
05. I Can't Believe You're Gone
06. Livin' High Off The Goodness Of Your Love
07. When Love Was A Child
08. Well Worth Waiting For Your Love

01. I Had It All


05. I Can't Believe You're Gone


06. Livin' High Off The Goodness Of Your Love


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

2 CommentsPosted in Barrino Brothers

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-2 Comments
By SALT03 28, 2012 - URL [ edit ]

初めまして。SALTと申します。
こちらも洋楽についてブログやってます。
もし、良ければ相互リンクお願いします。
http://ameblo.jp/boa-hancook-elza/

By phatkat03 29, 2012 - URL [ edit ]

SALTさん、はじめまして。

お時間を割いてのご訪問、相互リンクの申請をいただき有り難うございます。

本当にありがたいことで、当ブログを楽しみにしてくれている読者の方や、海外からのご訪問、コンタクトをいただくことも徐々に増えております。
そのような中、KUROFUNE CREWにご訪問いただいた方々にとって本当に有益であるブログのあり方の一つとして当ブログにおける今後の相互リンクのあり方も考えているところでして、現在は相互リンクをお受けしていない状態です。

勝手を言いますが、ご理解をいただきますようお願いいたします。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。