スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

アーバン・ソウルの傑作 Cliff Dawson/ Cliff Dawsonをおすすめ

02 08, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1980,SOUL/FUNK1980,男性


Cliff Dawson / Cliff Dawson(1982)
Cliff Dawson - Never Say I Do (If You Don't Mean It)

1981年にUKのレーベルから「Somehow」をリリースした後にStarpointを制作でサポートし続けていたLionel Jobをプロデューサーに迎え制作したアルバムが、隠れたアーバン・ソウルの傑作と呼ばれる「Cliff Dawson」
スローからミディアムをベースに洗練されたアーバン・ソウルがブレンドされたサウンドと、テナー・ヴォイスの太いCliff Dawsonのしっかりと歌いあげながらジワジワと熱く込み上げていくヴォーカルがベスト・マッチしており、聴いているリスナーを洒落た気持ちにさせてくれるアーバン・ソウルの傑作!
知る人ぞ知るファースト・プレスとセカンドプレスで収録曲が異なり1stには「I Can Love You Better」2ndにはStarpointのシンガーRene Diggsをフィーチャーした「Never Say I Do」が収録と差し替えられていますが、どちらもイイ曲。そして、素晴らしいことにファンの欲望を満たすべく2009年のリイシュー盤ではその両ナンバーが収められているという、、、
特に洒落た黒汁が滲むアーバン・ソウル好きにおすすめしたいSOUL/FUNK盤でございます。アップ好きは3)Betcha Didn't Knowや5)I Can Love You Betterをご賞味あれ。アダルトなアナタは1)It's Not Me You Love, 2)Waiting For Your Loveで酔いどれてください。

※i-Tunesはセカンド・プレスなのでI Can Love You Betterが未収録です

Review

1 It's Not Me You Love 試聴
♪ 早速渋目のアーバン・ソウルのお披露目。丁寧に歌いこむ冒頭からジワジワと熱が込み始め、サビの「It's not me you love」ではバック・コーラスと共に込み上げ歌うなど、まさにCliff Dawsonの真髄・魅力を発揮。ファースト・プレスからのシングルでR&Bチャート39位をマーク。お子様には退屈であろう1曲です(笑)

2 Waiting For Your Love 
♪ 洗練されたストリングス、ジャジーでソフトなピアノ、スムースなギターで始まる激アダルトでモダンなミディアム。冒頭だけ聴くとアダルトでシックな趣ですが実は、、、サビでは美しく洗練された旋律を紡いでいたストリングスさえもネオンのように輝き跳ねる音色でアーバン・ファンクを演出し心を躍らせてくれます。中盤で聴かせるサックスなど大人なアナタへピッタリのアーバン・ソウル。コレを聴くと夜のドライブに駆り出したくなります

3 Betcha Didn't Know 試聴
♪ 1,2のイメージが強すぎて「!!」と思ってしまう冒頭(笑)夜の都会を疾走していくようなパーカッション&ドラムス&カッティング・ギターに爽やかに煽るホーンやストリングス、モダンなベースにキーボードなどによって調和された軽すぎず重過ぎないといった心地良さが魅力のダンス・ナンバー。

4 Don't Hide Away From Love 試聴
♪ 再びジワジワと時に熱く攻めるエロティックCliff Dawsonに変化。短めに弾かれるピアノと伸びやかなCliff Dawsonのヴォーカルとの間に生じる味わいが印象的で耳と心に残る。美しいストリングスやバックコーラスもイイし、3:00手前のエロティックなサックスもGood。どれも良い曲です、、、

5 I Can Love You Better 試聴
♪ ファースト・プレスのみに収録されていたナンバー。ゴージャスなギター、ホーン、キーボード、ストリングスに併せハンドクラップがガンガンに煽り身体を火照らせるダンス・チューン!!そのトラックの上をCliff Dawsonの太い声が駆け巡る傑作。

6 Love Is Just A Dream
♪ ドラマティックなサウンドに甘酸っぱさが詰まった何とも言えない味わいがイイ。甘酸っぱさを助長するべくCliff Dawsonが裏声を爆発させるなど、また違ったCliff Dawsonが焦点。

7 Ocean Green Eyes
♪ ホーン&バックコーラスと共に爽快な盛り上がりを見せる⇔ピアノとストリングスが描く雄大でしっとりとしたサウンドに併せ丁寧に豊かに歌い上げるといった両極端な展開を用いたトラック。

※セカンド・プレス及び2009年リ・イシュー盤に収録
Never Say I Do (If You Don't Mean It)
♪ セカンド・プレスに収録されたナンバーでStarpointのシンガーRene Diggsをフィーチャーしシングル・カット(R&Bチャート18位)包容力のある音色が際立つ美しいバラードに仕上がっています。しっとりしたい、そんなアナタへおすすめの1曲。

●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒き1票をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Cliff Dawson

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。