スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

重厚エレクトロニック・ファンクActive Force SOUL/FUNK名盤をおすすめ

02 05, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1980,SOUL/FUNK1980


Active Force / Active Force(1983)

Victor Adams, Gerald Mallory, Adrina Steele, Gerald Steele, そして紅一点のAdrian Steeleの5人からなるヴォーカル&インスゥルメンタル・グループ。Enchantmentのプロデュースなどで知られているMichael Stokesが制作に関わった本作は押しも押されぬSOUL/FUNKの名盤であまりの人気に国内でリイシューされたCDですら入手困難な状況により価格高騰をしたほど。まず駄作は皆無でどの曲も素晴らしくActive Forceの最大の魅力である「へヴィ・エレクトロニック・ファンク」は1)Keep On Rockin'や7)Rise Upのヴォコーダー使いを筆頭に身体の上から下まで痺れさせてくれるし、とにかく身体が疼いて仕方ない。
また、本作で2曲だけ収められているバラードにおけるリード・ヴォーカルのエモーショナルな歌いっぷりやヴォーカル・コントロール&リードに重なるコーラスの美しさがもう1つの最大の魅力でヴォーカル・グループとしての実力と魅力をも堪能できてしまう。バラード好きは3)I Never Thought I'D Love Againと8)My Sunshineへ直行。

Review

1 Keep On Rockin'
♪ のっけから脳髄を痺れさせるへヴィ・エレクトロニック・ファンク♪♪濃厚なFunkエッセンスの渦にブレンドされるヴォコーダー&紅一点ながら重厚サウンドをものともしないAdrian Steeleのパワー・ヴォーカルが爆発!!Never stop keep on rockin'!!
●Keep On Rockin' 試聴

2 Cold Blooded Lover
♪ ビョンビョン・ウネウネと跳ねるベース&モダンなキーボードが誘うファンクと爽やかさの湯加減が丁度いいトラック。やり過ぎない掛け合いによる煽りが高揚感を与え盛り上げてくれるし、聴かせるカッティング・ギターありとバランスが本当にイイ。前曲が重厚Funkなだけに必要以上に爽やかに感じてしまう本ナンバー(笑)
●Cold Blooded Lover 試聴

3 I Never Thought I'D Love Again
♪ めちゃくちゃ曲の配置が好きです。ここでこのバラード!!ホンッと涙モノ、、、前曲までのFunk路線のグループとは別でしょ??と思うぐらい。エレクトロニック・ファンクだけが強みで取り得ではない。Active Forceはヴォーカル・グループなんだといった実力にうっとり。ゆらゆらと心を撫でる美メロ・ストリングスが絡んでくるあたりで気分は最高潮。二人の夜のドライブに。
●I Never Thought I'D Love Again 試聴

4 Coo Coo Kachu
♪ うっとりするのはそこまで!疾走するリズムを横切るエレクトロニック・フレイヴァ&テンポを早めに歌いシャウトするヴォーカルが更にスピード感やフューチャー感をUP。「な~、な~、な~、な~、な~、な~、な~♪」

5 Give Me Your Love
♪ 響き渡るハンドクラップ&パーカッションが牽引するイントロからストリングスが絡むとヴォーカルが登場。内にある張り裂けそうな熱い想いを抑制した中でエモーショナルに表現していくヴォーカルとアグレッシヴなパーカッションや哀愁ギターが鳴り響きLoveを求める渋ミディアム・ナンバー。
●Give Me Your Love 試聴

6 Bottom Line
♪ N.Y.サウンドのエキスが滲む本ナンバー。ベース、キーボード、シンセなどが描くファンク・ラインも最高ですが、Adrian Steeleのヴォーカル・コントロールがカッコイイ、、、キュートだったり、ちょっとナスティだったり、シャウトしたりと、そこまで派手にしていないトラックなだけに一層、聞き惚れてしまう。
●Bottom Line 試聴

7 Rise Up
♪ ヴォコーダー襲来。ファンクな骨格を作るベースに疾走感溢れるギターが気持ちいいアップ・チューン。ヴォコーダーを前面に出しているあたりからしても聴きどころは冒頭付近と終盤付近で聴けるドラムス×ヴォコーダー。特に後半のプレイ~フィナーレがカッコイイ!!
●Rise Up 試聴

8 My Sunshine
♪ ストリングスとピアノがスゴク綺麗で美しいバラード。徐々に込み上げていき心を掴むアレンジやヴォーカル・グループとしてしっかりコーラスも組み合わせた丁寧なサウンドは単に美しいバラードというだけではなく、リスナーの心を魅了するキラー・チューン。 
●My Sunshine 試聴

※リ・イシュー盤のみ特典としてGive Me Your Loveのシングル・ヴァージョンが9)に収録されています。

●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒き1票をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Active Force

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。