スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Columbia Nights - Wait A While

04 14, 2015 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Soultronic,R&B,R&B2010
Columbia Nights - Wait A While


Columbia Nights - Wait A While iTunes

BBE × BamaLoveSoulによるコンピレーション・シリーズ【On Deck 3】から、アナログとデジタルのエレメントの融合と、Soul, R&B, Hip-hop, Jazz/Jazz Fusion, そしてElectronicから成る「Soultronic」をワシントンDCから届けるトリオColumbia Nightsの“Wait A While”をチョイス。

この【On Deck 3】には、Columbia Nights他、Columbia Nightsと同様にエレクトロニック×ソウル~ネオソウルを混成してくるバンドIdesiaだったり、ジャズ・シーンからは渋声スキャットもかますSean Haefeli, ディープハウスもござれの芳しきソウルフルなセンス/手腕が光るHenry Wu, スコットランド発の人気のビートメイカーズJazz Spastiks, Moka Only & Chiefの“Mess Around”のリミックス・コンテストのチャンピオンでもあるJon Rogersとのコラボ盤のリリースや、Tall Black GuyとのコラボもやっていたRenee Dion, それからSoulBounceのスタッフ (寄稿している) としても活躍しているアーティストRob Miltonなどなどの楽曲が、DJ Rahduのソウルフルな音楽に対するバツグンの嗅覚によってセレクトされている。

しかし、この“Wait A While”然り、エレクトロニックという要素を有機的に絡ませてくるColumbia Nightsの人気がもっと出てもイイのに・・・と思うのは僕だけ?


Columbia Nights - Wait A While
Purchase [ amazon | HMVicon | TOWER RECORDS | iTunes ]



0 CommentsPosted in Columbia Nights

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。