フューチャージャズ~DJ LOGIC/The Anomaly~

10 27, 2009 | Tag,Jazz,HipHop,2000,Jazz2000,HipHop2000

DJ LOGIC / The Anomaly (2001)
DJ Logic - The Anomaly

Review
「DJにとってサッチモがグランドマスター・フラッシュならバード(チャーリー・パーカー)はマーリー・マル、そしてマイルス・デイヴィスがこのDJ LOGICだ」
~JAZZ TIMES MAGAZINE~

今日は、ちょっと違う角度からJAZZのタッチを感じてもらおうと。

ライブ×ターンテーブルを実現したパイオニアDJ LOGICが8歳前後の頃、Afrika BambaataaやKool Hercに憧れ1990年初期に「EYE & I」というバンドを結成。バンド解消後にクラブに出向きRoberta Flack, Roy Haynes, Mik Clark, pete Cosey, Bill Summersなどとセッションを行い、後にMMW(John Medeski/Silly Martin/Chris Woodのトリオ)と出会いMMWのBLUE NOTE移籍後のアルバム「Com-bustication」でターンテーブリストとして数曲にジョイント。1998/1999年のツアーにも同行。そのDJ LOGICは1999年にトリオバンドProject Logicというバンドを立ち上げ、本アルバムリリース時のメンバーはDJ LOGIC(Turntables/Effects/Beats), Casey Benjamin(Ewi/Flute/Rhodes/Saxophone), Stephen Roberson(Drums), Mike Weitman(Keyboards), Scott Palmer(Bass)の5人。更に本作ではMMW繋がりのキーボーディスト/コンポーザーのJohn MedeskiやSouliveのギタリストEric Krasno(Souliveの「Steppin'」のRemixを手掛けた繋がり)などがゲストで参加。そして、上記のメンバーをベースにスタジオ・ライブ形式で録音された後にDJ LOGIC, John Medeski, Eric Krasno, Vernon Reidによって編集・Mixされたものがこの「The Anomaly」というワケです。
ど真ん中のJAZZとは違いますが、Hip Hop/JAZZ/Drum n' Bass/Technoと多種のジャンルをMixし新しいJAZZの息吹を送るDJ LOGIC。そして何よりもセッションから生まれるGrooveを重んじるあたりからJAZZのタッチを感じてもらえたらイイなと。テイストはCourtney Pineの「Underground」に近いものがあります。

あまりにLOGICの試聴が無いのでMMWとDJ LOGICのLive映像↓↓
>>>MMW With DJ LOGIC(Live)の視聴

②DJ LOGICの好Mix>>>Billie Holiday Glad To Be Unhappy (DJ Logic Remix)
Glad To Be Unhappy (DJ Logic Remix)収録
>>>Billie Holiday Remixed & Reimaginedの詳細

Songs
1)French Quarter・・・SoulシンガーMarva Whitneyの「Unwind Yourself」を使ったもので、The 45 Kingの「The 900 Number」やDJ KOOLの「Let Me Clear My Throat」でも有名。何と言ってもJohn Medeskiによるハモンド・オルガンが最高にカッコイイ!冒頭から「JAZZなの!?」と思う方もいるかと思いますが(笑)終盤にかけてハイスピードに展開していくGrooveやセッションはHipHopというジャンルでは縛れないトラックなはずです。

2)Black Buddah・・・2000年のツアー中のサウンド・チェックから生まれた曲という経緯にニヤリなこの曲はRock/JAZZ/Hip Hop/Drum n' Bassが混成されたもの。サックスやフルートの音色がJAZZYで1)よりはJAZZのタッチを感じやすいかな?と。各ジャンルとのバランスも巧みですが、ここまでDrum n' Bassのヴァイブを上手く消化するなんて・・・

3)Ron's House・・・Ron Milesがトランペット、Mino Cineluがパーカッション、Eric Krasnoがギター、Melvin Gibbsがベースで参加。パーカッションと、こ気味よいスクラッチがダンサンブルなチューンはハウスに傾向したトラックにRon Milesが俺のステージだと言わんばかりにトランペットを響かせる。個人的な聴き所は3:20~のスクラッチとパーカッションの掛け合い!

4)Michelle・・・収録された曲の中では比較的ライトでジャンルの混成率が低く馴染み易い1曲。中盤で魅せてくれるパフォーマンスが個人的にツボ。多才なCasey BenjaminがここではFluteも披露。

9)Soul-Kissing・・・Miri Ben-AriによるViolinとBrian CarrotによるVibesとBalafon, Mino Cinelu & Felix SanabriaによるPercussion, SuphalaのTablasがオリエンタルな香りを漂わすハウスに寄ったダンスチューン。

11)The Project(S)・・・・Eric KrasnoがguitarとBass, Subconsciousがゲストラッパーで参加。ゲームのSEのようなものを引用した不可思議な空間にDopeなビート、爽快なスクラッチ、細かく刻んだギターループで構成されたHip Hopナンバーで完成度は高い。

12)Hip-Hopera・・・Wu-Tang風の曲調にしようと作り始めたものの、何かが足りないということからMarie Claireがオペラ・ハーモニーで参加。これを聴いたMarie Claireが「ヒップ・オペラね」と言った言葉をLOGICがタイトルに頂いたという流れ。Melky Sedeckも「Raw」でこのテイストに近いものをやってますね。
>>>Melky Sedeckの記事へ

14)Miles Away・・・Graham HaynesがTrumpetをVernon Reidがプログラミングと他の演奏を行っているこの曲はMiles Davisがまだ健在だったらこんな曲をやってるんじゃないか?というMiles Davisへの敬愛を込めたもの。

17)On A Mission・・・i-Tunesには含まれないナンバーですが、Ornette Colemanのレコーディングに唯一参加したフィメールラッパー「Avenda」をフィーチャーしたHip Hopトラック。このAvendaの声質もスタイルもかなりBahamadiaに似て良いヴァイブを持っている。Free Jazzを牽引したOrnette Colemanと共演したAvendaを呼ぶあたりにDJ LOGICのセンスとこだわりを感じる。こちらもカナリ完成度の高いDopeなHip Hopナンバー。

●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒き1票をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

4 CommentsPosted in DJ LOGIC

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

4 Comments
By LOVE&GREEN10 27, 2009 - URLedit ]

「DJにとってのマイルス」っていうフレーズに誘われ全部視聴しましたよ~。
いけますね~! Billy Hollidayのぶんは音も良く(YouTube動画の)楽しめました!
黒き3票ぽちっ。

By phatkat10 27, 2009 - URL [ edit ]

お!やはりマイルスに惹かれましたか(笑)

全部、試聴していただいたなんて!ありがとうございます!!
しかも、30秒の試聴だけで、いけると判ってしまうとは。
30秒の試聴だと本質が解りにくいのでフルで試聴つけたかったんですが・・・

ご訪問&応援Tnxです♪

By 音楽人気ランキング娯楽部10 27, 2009 - URLedit ]

こんばんはー
リンクさせていただきましたm。。m
もしよろしかったら相互リンクおねがいします
ご検討のほどよろしくお願いいたします

音楽人気ランキング娯楽部
http://269g.2-d.jp/06music/

By オーグル02 16, 2010 - URLedit ]

メデスキ、マーティン & ウッドが生命みなぎる春、来日します!
ぜひ遊びにいらしてください!

花々が開キはじめ、清らかで明るく美しい4月、ボケツッコミという即興精神をDNAに刻まれた地、大阪を皮切りに、アッパーな色香の舞う名古屋を中継地点 に、MMW数々の名演に新たに加えられるだろう復活第2弾を迎える「Organic Groove~革命さえも進化スル~」が、スウェーデンから男女2人組のDUO、Wildbirds & Peacedrumを迎え豪華に〆ます!

さらに2010年3月3日には、最近のメデスキ、マーティン&ウッドの極上の楽曲だけを選りすぐったベスト盤「Evolution in Revolution(2枚組)」が、コントラリードより発売されます。MMWの ”現在” を知るには最適な一枚です。

2010.4.8(thu)@心斎橋 Janus
http://www.ahbproduction.com/

2010.4.9(fri)@BOTTOMLINE Nagoya
http://timeisecho.jp/

Organic Groove ~革命さえも進化スル~
2010.4.10(sat)@渋谷O-EAST

Live:
Medeski Martin & Wood
Wildbirds & Peacedrums

Open/Start:6:00PM 
前売り:6,800yen 当日:7,500yen
先行前売りチケット販売特設ページ
http://organicgroove.net/tickets/index.html

TOTAL INFO: 
Contrarede 03-5773-5061
URL:http://www.organicgroove.net


Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...