スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

AJMW - sheetss

02 08, 2015 | Tag,electronic,beats,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,HipHop,HipHop2010,R&B,R&B2010
AJMW - sheetss


AJMW - sheetss

2月に入ったということで、J DillaとNujabesへのトリビュート・トラックとなる“for them”をUKのミュージック・プロデューサー / ビートメイカーAJMWが先ほど公開というわけで、その“for them”を紹介しようと思ったら、“sheetss”が非常にけしからんので“sheetss”を推すことに決定。

以前AJMWを紹介した時には、ほぼ情報が開示されていなかったような覚えがあるんだけど、現在はそこそこ開放されており、年齢は20歳だそうだ。環境に溶け込み一体化するようなナチュラルな美意識を込めたセンスは、ローファイなビートメイキングを軸としたビートによく馴染み、心地良いアコースティックな感触も生み出している。また、曲によってはネオソウルへの造詣もうかがわせており、そういったアコースティックな感触との相性もバツグン。そんなAJMWを、その勢力 (影響力) を強めてきているレーベルSoulEtiquette (つい最近にV.A.をリリースしたばかり) がサポート (応援) している模様。

そして、今回僕が推したい“sheetss”は、エレクトロニック/フューチャー・ビーツという時代の流れに対して確かな順応力を見せつつ、以前から垣間見せていたネオソウル=Jill Scottの“A Long Walk”使いのフューチャリズムを彼の様式美とミックスした熟れ熟れのエレクトロニックを聴かせてくれる。う~ん、これはテイスティ!


AJMW - sheetss


AJMW - for them

0 CommentsPosted in AJMW

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。