スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Nick Rosen - #41

02 06, 2015 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Nick Rosen - #41


Nick Rosen - #41 iTunes

これまでにJennifer Holliday, Dionne Farris, Roy Ayers, Tony Momrelle, Curtis Fuller, Russell Gunn, Grant Green Jr., Colonel Bruce Hampton, Donnie.といったアーティストとのレコーディング/パフォーマンスをこなしてきたマイアミ出身、現在はアトランタに拠点を構え活動をしているミュージシャンNick Rosenのアルバム【Step Into The Light】から“#41”をセレクト。

このアルバムには、Terreon Gully (Dianne Reeves, Stefon Harris, Christian McBride) に、Joel Powell (Musiq Soulchild, India Arie)、Saunders Sermonsらも参加。今回セレクトした“#41”で歌声を披露しているのが先のSaunders Sermonsなんだけど、彼はR&BサイドではMaxwellの"BLACKsummers'night"、HipHopサイドではJay-Zの"American Gangster"他50 CentにDiddy、そして、JazzサイドではRoy Hargrove、José Jamesといった多様なシーンのアーティストとの共演を果たしてきたマイアミ出身のソウルジャズ・シンガーソングライター兼トロンボーン奏者。彼自身もデビューアルバムとなる【Classic Delight】や、Yahzarahをフィーチャーしたシングル“You Gotta Hold On Me”も収録した【Just What She needs】といったソロアルバム残しており、特に【Classic Delight】がイイ。

まぁ、こんな話をしたのも、やっぱり僕はソウル・ミュージックやR&B色の強い曲を色眼鏡で見てしまうわけで、Saunders Sermonsが歌声を乗せる“#41”がアルバムの中でそういった自分の好みにしっくりくる。ジャズ・アルバムからの選曲なので少しばかり渋めだけど、ソウルフルな味わいを楽しんでもらえたら嬉しい。


Nick Rosen - #41
Purchase [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Nick Rosen

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。