スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Sheldon Botler - You and I

02 05, 2015 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Sheldon Botler - You and I


Sheldon Botler - You and I

2008年にセルフプロデュースによるデビューアルバム【Who's the New Kid?】をリリースし、ライブアルバムや、アルバム【Farewell Compilation】などをリリースしてきたシアトル出身のシンガーソングライター / プロデューサーのSheldon Botler

そんな彼のスタイルについて、Soul/R&B, Folk, Hip Hop, Jazz, Electronicの要素を融合した音楽と記述されている。と来れば、昨今流行っているようなエレクトロニック比の高いプロダクションをやっているのだろうと思うのだけれども、Bilal, Stevie Wonder, Maxwellあたりから影響を受けたとしているSoul/R&Bを始め、Folk, Jazzをベースとした、アコースティックな質感や温もりを大切しているアーティストという印象を僕は受けた。確かにヒップホップ・プロジェクトとしてやっている【Feel Good Music】なんかはまた毛色が異なったり、曲によってはエレクトロニックをブレンドした曲も存在するのだけれども、本質的なところはSoul/R&B~Folkを根ざした音楽だと思う。そういった本質的な部分+マルチジャンルとしている所以=彼のスタイルが解るのが、【Music Diary of Sheldon Botler】 かな。

で、今回セレクトした“You and I”は、Sheldon Botler がバレンタイン・デーに贈る1曲。優しく香るロマンティックなメロディと言っても、決して気取ったロマンチシズムではない温かなサウンドと、ハートフルなコーラス、等身大の歌声が、当たり前の心地良さを感じさせてくれる。


Sheldon Botler - You and I

0 CommentsPosted in Sheldon Botler

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。