スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

The Suffers - Make Some Room EP

01 31, 2015 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
The Suffers - Make Some Room EP


The Suffers - Make Some Room EP iTunes

活動拠点であるヒューストン他、ダラス、オ-スティンといったテキサス州のレコードショップにも並び、もちろんi-Tunes/amzonでもデジタルEPの販売が1月20日から開始されたテキサス州ヒューストンの10ピース・バンドThe SuffersのデビューEP【Make Some Room】

The Suffersは、これまでに地元Houston Press Music Awardsの2012/2013/2014年度において複数の部門を受賞。また、大規模イベントSXSWのショーケースや、Red Bull Sound Selectが主催するショーケースにも出演。彼らのデビューEP販売開始を記念して催されたEP リリース・ショーのライブチケットが完売する会場も出たりと、ローカルで愛される存在 (ソウル・バンド) として、その勢力を拡大しつつある。

まずは、ミュージック・ビデオが1月末からYouTubeに公開されたばかりの、爽やかな甘さを運ぶスウィートなグルーヴと、どこか愛くるしいKam Franklinの歌声がマッチしたタイトルトラック①-“Make Some Room”のテイスティングをオススメしたい。流石はタイトルトラックといった出色のスウィート・ソウルでハッピーな気分に。The Fantastics!の“Somewhere.. Finally”とかが好きな人はツボじゃないかな。

それと、前回のThe Suffersの記事で「ロックステディ / レゲエ / スカ / ジャズ / クラシック・ソウルを調合したサウンドを」というのが当初の彼らの~(中略)~現在は、"Classic American Soul with Rock & Roll" とオフィシャルサイトに記され (絞られ) 云々と僕は書いたんだけど、②-“Stay”は、ロックステディ / レゲエが程よくブレンドされたソウル・ナンバーだった。というわけで、デビューシングル時のThe Suffersのスタイルは現在らしい。

③-“Gwan”は、当初フルアルバムという計画で始動していた本盤からの1stシングルとして2013年にリリースされた曲で、意表をついて!?アフロビートが乗ったファンキィなソウルナンバー。④-“Giver”は、2014年の1月にライブ音源&ライブビデオが公開され、特にライブビデオ (YouTube) が前評判 (多数の高評価もって歓迎されていた) だった1曲。ややネオソウルっぽい感触もあるので、入りやすいと思う。

どうせなら、デビューシングル“Slow It Down” b​/​w “Step Aside”もイイ曲だったんだから、EPに収録しちゃえば良かったのにねェ。


・Tracklist

1. Make Some Room
2. Stay
3. Gwan
4. Giver

The Suffers - Make Some Room (Official Music Video)
Purchase [ amazon | iTunes ]


The Suffers - Giver (Live)
Purchase [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Suffers,The

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。