スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Social Lovers - 'Enjoy The Ride' LP

01 21, 2015 | Tag,Boogie,Modern-Funk,Disco,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Social Lovers - 'Enjoy The Ride' LP


Social Lovers - Enjoy the Ride' LP iTunes 

皆さんはSocial Loversの“Enjoy The Ride”を覚えているだろうか?

そのSocial Loversの1st LP 【Enjoy The Ride】 の発売日が昨日 (1月20日) なんだけど、URB Exclusiveということで、彼らのオフィシャル・ビデオと共にLP 【Enjoy The Ride】 が、1月20日にURBでも取り上げられている。これは、ひょっとすると・・・きちゃうかもヨ。

さてさて、URBにもフィーチャーされ、上り調子なSocial Loversだけど、なるべくLPの発売日に合わせて紹介しようという目論見を果たすべく、LPのストリームが公開されたあの日から記事にするのをこれまで我慢してきたけど、昨日今日と確認してみてもiTunes & amazonの両ストアでは未発売ですよ、トホホ・・・。Amaliaをフィーチャーしたシングル“So Right”“Call Me Up”がiTunes & amazonの両ストアで販売されていたので、 【Enjoy The Ride】 も販売されるだろうという予想が外れてしまった。

そんな私的目論見はさて置き、シカゴのレーベルCherries RecordsからリリースされたLP 【Enjoy The Ride】 には、同レーベルからリリースされ、完売しているミックステープ 【Lovers Sociali 2010-2012】 からもセレクトされている模様。このミックステープにはトラックリストが無かったらしいので、「あぁ、この曲のタイトルはこうだったのか!」と、スッキリしているファンもいるのかと思うと何だかニンマリしてしまう。

そして、一言で表すならば、青い果実的Modern Funk / Disco / Boogieという独特の旨味がキモなLPにおける白眉は、やっぱり④-“Enjoy The Ride”でしょ!Social Loversの魅力を伝える1曲をLPから選べと言われたら真っ先にこの曲を選ぶほどに彼らの魅力や味わいが凝縮された逸品だと思う。それから、脂の乗ったシンセ・ベースの旨味が高揚感を誘うディスコ・ビートに流れ込んでくる微風的カッティング、そして、そこに被せる青臭いヴォーカルが却ってディスコ・ナンバーという空気感やノスタルジックな雰囲気を増幅させる①-“Baby Tonight”や、ラブリー&ロマンティックという両要素が同居するスウィートなインスト・ナンバー⑤-“Lover's Theme”の甘酸っぱいシンセを交えながらの込み上げ加減もタマラナイ。何だかこの“Lover's Theme”って、恋人たちを祝うような感触があってとってもイイと思う。あと、爽やかフレッシュという彼らならではの果実 (持ち味) から搾り取ったフレッシュジュースとの相性の良さを感じさせるボサノヴァ・ブレンドの⑥-“Love's True”もGood。


・Tracklist

1. Baby Tonight
2. Cosmic Love
3. Love Sick Eyes
4. Enjoy The Ride
5. Lover's Theme
6. Love's True

Social Lovers - 'Baby Tonight' Official Music Video (Cherries Records)


Social Lovers - 'Enjoy The Ride' LP
Purchase [ Cherries Records | amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Social Lovers

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。