スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

SWL014 - Chris McClenney

01 17, 2015 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
SWL014 - Chris McClenney


SWL014 - Chris McClenney

SoulectionのWhite Lableシリーズ (starRO, Tom MischなどのEPがリリースされている) 2015年の第一弾目を飾るのは、Soulectionが1000%のサポートを表明している (大推薦している) メリーランド州ボルティモア出身のマルチインストゥルメンタリスト / プロデューサー / シンガーのChris McClenney

現在21歳というChris McClenneyは、ジャズ、R&B、ソウル、ヒップホップ、ファンク、エレクトロニックを始め、他のジャンルも聴いて耳を肥やしてきたらしい。事実、“Let You Be”なんかはジャズ (フュージョン) だし、デモとしながらもかなりのクオリティを誇っている“Live it Up”ではD' Angeloエスクのナンバーを披露。また、オーストラリアのレーベルFlow-Fiのコンピレーション 【Bitch, Please (20K Compilation)】 にセレクトされている“Tonight (Youngblood) ”では、正に彼の多様性を一点に集中させて磨き上げたようなモンスター・トラックによって数多のリスナーがKOされているし、ジャズ・ピアノ盤となる 【Contemplations】 や 【Improvisations】 ではジャズ・サイドの顔を見せている。

そして、SWL014だけど・・・①-“Tuning Up”~②-“More Love”の2曲を聴くだけでも紹介せずにはいられないでしょ。ホント。1000%のサポートというのも納得のEP。是非ご賞味を!


Soulection White Label

0 CommentsPosted in Chris McClenney

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。