スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Temu - Temu's Talkbox Groove

12 15, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Temu - Temu's Talkbox Groove


Temu - Temu's Talkbox Groove

シンガーソングライター / ダンサー / プロデューサー / マルチインストゥルメンタリストのTemuはNYCで生まれ、ハーレムのボーイズ・クワイアやYoung People's Chorus of New York Cityの一員として歌い、カーネギーホールやリンカーンセンターでも演じている。The Loxの“We’ll Always Love Big Poppa”にTemuの歌声がということなので、クレジットを確認してみても記載は無し。これは「We'll Always Love Big Poppa♪」と歌う少年少女の中の一人ということかもしれない。

そのあたりの事実はともかく、ファーストEPとされている 【The Sign In】 を2010年にリリ-スしているTemu。SoulectionやMoovmntも押さえているシングル“Boogaloo Blues”を始め、Bootsy Collinsへのオード“Bootsy Collins”のようなP-Funk、そして、Roger Troutmanあたりへのオマージュを乗せたこってりファンク・ナンバーとなる新曲“Temu's Talkbox Groove”あたりと比べてしまうと、 【The Sign In】 はそれらと毛色が異なるかな。

Temuの新曲となる肝心の“Temu's Talkbox Groove”は現在のところiTunesやamazonでは未取扱だけど、そのiTunesやamazonでは1999年~2014年の音源を集めたコレクション・アルバム 【Time Log vol.1】 が販売中。 今風の“Boogaloo Blues”を始め、“Body Move (Magic & Sorcery​-​STANKAFIED)”や“Magic & Sorcery”といったシングル他、2006年~2012年の未リリース音源からなるコレクションEP 【Unsung Memories】 や 【The Sign In】 などから選曲された計48曲が収録されている。しかし、1999年の音源があるならば、The Loxのアルバムが1997年産。そうすると“We'll Always Love Big Poppa”で歌う少年少女の一人という線は違うというのが濃厚なんだよねェ・・・


Temu - Temu's Talkbox Groove


Temu - Boogaloo Blues

0 CommentsPosted in Temu

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。