スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Daniel Wilson - “Boy Who Cried Thunder”

11 11, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Electronic,Alternative
Daniel Wilson - Boy Who Cried Thunder


Daniel Wilson - “Boy Who Cried Thunder” iTunes

Daniel Wilsonを初めて紹介したのが昨年末 (2013年12月) 、その頃既にZap RecordsからEPをリリースする予定で進んでおり、後に彼はEP 【Young Rubbish】 を発表。11月24日には同レーベルからニュー・EP 【Boy Who Cried Thunder】 のリリースを控えている。

彼のスタイルはインディ・ソウルとエレクトロニック・ポップを混成。エレクトロといってもその手法はミニマルで、そこにデリケートなヴォーカルを被せることで危うい均衡とも言える独特の雰囲気を生み出している。ただし、ミニマリズムを押し出し、どこか陰りのあった前EPと比べると格段に跳ねるエレクトロ・ポップ“Killed Ya”だったり、ポップな“Heartbreaker”などが収録されており、今作では少々作風に変化が見られるかもしれない。
僕個人としてはそんなミニマルな世界を灯す明かりのようでもあると同時に影を落とすような歌声でもあり、けれどもその後味は陰気ではなく生暖かい血が流れる人の温もりそのものでソウルフル-といった味わいが魅力的だった“Will You”がやっぱり印象的だったりする。その名残 (彼の魅力) を感じさせるのがタイトルソング“Boy Who Cried Thunder”かな。


Daniel Wilson - “Boy Who Cried Thunder”
Pre-order [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Daniel Wilson

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。