スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Philippe Edison - “Fall”

10 08, 2014 | Tag,Neo-Soul,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,2010,Jazz,Jazz2010,R&B,R&B2010
Philippe Edison - Fall


Philippe Edison - “Fall”

過去数度、Kurofune Crewに乗船してもらっているPhilippe Edisonは、モダン・ジャズ / エレクトロニック・プロデューサーでもあり、サックスとピアノも演じるヒューストンのアーティスト。特にジャズ・フュージョンとヒップホップからインスパイアを受けているようで、彼の好きなピアニストBill Evansのトリビュート盤然り、John Coltraneの“Wise One”や、Charlie Parkerの“Laura”などのジャズ・ミュージシャンのRemix、 Bluの“Soul Provider”のRemixなどでもソレを感じることが出来る。また、JayLotus名義では、ILL.SUGIとのコラボ【SugiLotus】や、Cosmic Compositionsが贈る人気シリーズAvant Garde SeriesのVol.2にも彼が手掛けるRemixが収録されている。

2014年度の活動の1つとして、Darker Than Wax (シンガポール) と、Cascade Records (フランス) の2レーベル協賛のV.A. 【Feelings in Colour】に、ビートメイカーProfessaとタッグを組んだコラボレーション・トラックのうちの1つ“E=MC2”がセレクトされていたことも記憶に新しいし、先日にFilthy Fortune Recordsから4トラックEP 【King of Kings EP】 をリリースしたばかり。

そして、今回オススメする“Fall”は、アーティスト・コレクティヴ、また、Souletiquette Radioを運営しているSouletiquetteから公開されているトラックで、甘美という言葉がピッタリと当てはまる程、スウィートでスムース。だけれども、そのエモーショナルなヴァイブによって、ゆったりとした気分を味わいながらもジワリジワリとその気分が高揚して行くというほろ酔い仕様がタマラナイNeo-Soulチューン。


Philippe Edison - “Fall”



0 CommentsPosted in Philippe Edison

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。