スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

D'Angelo - “Lady” (cover) - Nicholas Ryan Gant

06 05, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
D'Angelo - Lady (cover) - Nicholas Ryan Gant


D'Angelo - “Lady” (cover) - Nicholas Ryan Gant

ボーイズ・クワイアで才能を磨き、ハワード大学を卒業。現在はブルックリンをベースに活動をしているシンガーソングライター / ヴォーカル・コンポーザーのNicholas Ryan Gant。2009年には、インデペンデント・アルバム 【Border Breaker】 をリリースし、後に90' s ウエストコースト・ヒップホップへのトリビュート・プロジェクト = Snoop Doggy Dogg, 2Pac, Ice Cube, The Dove Shack, Pharcyde, Souls Of Mischiefなどのトラックを基にしたと思われる 【Hittin Switches】 も発表。ちなみにこの盤にはJesse Boykins Ⅲも参加。
また、彼はOrigami Productionsのlaidbookシリーズ 【laidbook03】 のリード曲“Crazy”や、mabanuaの“new love”を歌い上げているし、Green Day, Weezer, Alanis Morissette, Nirvana, Cranberriesといったロック / パンクのアーティストたちのナンバーをアカペラでカヴァーしたプロジェクト 【Angst in A'cappella】 なんて作品も残している。
2012年に入ると、その視野の広さから繰り出されるハイブリッドなサウンドと多様なプロダクションに対して、極めて自由なヴォーカル・コントロールでリスナーを惹き込む 【Promises】 をリリース。某大手ソウル・サイトでもプッシュされるなど好評を博す。

で、今回チョイスした1曲は、Nicholas Ryan Gant (アレンジ/ヴォーカル)、Taylor Pace (エレピ) 、Stori James (バック・ヴォーカル) でカヴァーしてみせるD'Angeloの“Lady”。ムダな脚色をしないアコースティックVer.というのも素敵だし、本家に負けじとオマージュをたっぷりと乗せる官能的な歌いっぷりもGood!


D'Angelo - “Lady” (cover) - Nicholas Ryan Gant

0 CommentsPosted in Nicholas Ryan Gant

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。