スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Various Artists - “We Are Friends”

05 20, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Jazz,nu-jazz,breakbeats,Reggae,World-music
Various Artists - We Are Friends


Various Artists - “We Are Friends”

【We Are Friends】とは、Agogo Records / Hiperbole Records / Jalapeno Records / Lovemonk / Légère Recordings / Wonderwheel Recordingsの計6レーベルによるコンピレーション・アルバムだそうだ。 メールアドレスなどの登録が必要だけど、中身を考えると良心的なFree Downloadもの。

レーベルについて少し触れると、Agogo Recordsに関してはBandcampをサーフィンしている方ならば見知ったレーベルだと思うけど、リミックスものも交えた多角的かつ鋭いセレクトをしている。それから、本コンピにKerbside CollectionやCaroline Lacazeのナンバーを提供している良レーベルLégère Recordings。そして、Alsarah & The Nubatonesが好評だったのも記憶に新しいし、MPM (Melting Pot Music) から世界進出を果たした元FunkommunityのSorceressが新曲を発表しているWonderwheel Recordings。Jalapeno Recordsは、以前に紹介したBasement Freaksがリリースしているレーベルだけど、本コンピからはAlexia Coleyを推したい。

さ~て、ソウルにファンク、アフロにエレクトロ、ビーツ&ブレイクビーツ、ダブからフレンチ・ポップ、ワールドミュージックと実にカラフルな 【We Are Friends】 。その中身は、Renegades Of JazzによるRemixから始まり、Craig Charles funk and Soul Showにフィーチャーされていたソウル・シンガーAlexia Coleyが発表していたシングル②-“Love At First Sight”から幕を開ける。( Alexia Coleyは個人的に頑張って欲しいアーティストだ)
アフロ乱舞の③-“Cuanta Suerte (Gerardo Frisina Dub)” のコレはコレでイイけど、瑞々しい陽気を注ぐヴォーカルとアフロキューバンが素晴らしいオリジナルがファンタスティック。アフロキューバンもイケるなんて方は機会があればオリジナルもチェックを。陽気な③&④を経たほぼ中盤で待ち構えているのは、ファンキィ&ジャジーな⑤-“A Night In Tunisia”を聴かせるKerbside Collection。続くはその眩しさ、陽気故に好みが分かれそうな燦々ラテン・ソウル/ファンク・チューン⑥-“Latin Soul Gentleman”。
レゲエ/ダブ・ゾーンに突入する⑧&⑨を越えた⑩の“Hot Sands”でオリエンタルなヴァイブをムンムンと放っているのがZeb名義で 【Zebstep】 なるアルバムをリリースしているThe Spy from Cairo。⑪は恐らくはこれがフレンチ・ポップを指しているトラックであろうCaroline Lacazeの“Soultempo”。 (僕はこの曲よりも硬質ファンクにフレンチ・ポップという妙が実に絶妙だった“L'Étrange”を推したいが・・・) 締めはOmarをフィーチャーした“High Heels”も人気が高いHiddden Jazz Quartett によるソウルフルなジャズ・ナンバー⑪-“Love Light” (Instrumental Version) 。その渋さと甘さが揺らぐ淡さにほろ酔い気分。

カラフルな分、収録曲の全てをお気に召すなんてことはまずないだろうけど、その反面、気になった音楽、アーティストが見つかる可能性が高いコンピレーションかと。


Various Artists - “We Are Friends”

0 CommentsPosted in Various Artists

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。