スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Kwesi K - “Lovely”

04 22, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Folk
Kwesi K - Lovely


Kwesi K - “Lovely”

遠い思い出をハッキリと思い出せる人もいるだろうけど、凡そ思い出せるその輪郭や色彩は淡いものではないだろうか。鮮明に当時の風景・思い出を残す写真だって時を経れば褪せる。(なぜに写真が出てくる?と思われた方もいるかもしれないが、彼はフォトグラファーとしても活動をしている)
そして、淡いと切り出したその理由は、去る4月15日にKwesi Kがリリースした4トラックEP 【Lovely】 は特にそんな心象風景を曲に乗せて現像したかのような1枚に仕上がっているから。

さてさて、この 【Lovely】 だけど、もうお気づきの方もいるかもしれない。EPに収録されている①-“Christina / Corrin”と②-“Lovely”の2曲はAGATE (インパートメント) から発売された日本国内盤の 【Ran Away From Me】 に独自に追加収録されていた曲。このアルバムのタイトル自体は彼の1st EPと同タイトルではあるものの、彼の1st/2nd EPをほぼ1枚に纏めたアルバムにあたり、今振り返れば、この①と②の2曲を収めたアルバムは日本先行収録という優越感に浸れる仕様だったワケだ。

3rd EPの中身については、記憶が遡行しているかのような捩じれと、シャワー音との交わりが妙に艶かしく、艶かしさ故に物憂げなピアノがやたらと切なく聞こえるインタ-ルード的インスト・ナンバーをアルバムで果たしていた①-“Chritina / Corrin”から始まり、個人的にお気に入りだった②-“Lovely”へとしっとりとゆるやかに流れていく。
日本国内盤の流れも“Chritina / Corrin”から“Lovely”と同様で、この艶路線が何とも哀艶で気に入っていたんだよね。しっとりと微かな温もりを残す淡いサウンドを抱き寄せて、そっと歌声を響かせるKwesi Kの穏やかな表情 (パフォーマンス) が終盤にかかるにつれて真っ直ぐに力強く、感情的な表情を見せる“Lovely”がまたイイのだ。

間に入る③-Great Goodbyeは、まさに彼のカラーの1つとなる芳醇なアメリカ音楽を届けるカントリー。冒頭の「淡い」という表現とは異なるものの、これも1st EPから続く彼の揺ぎ無いスタイル。締めはフォーク・ミュージシャンとしてアコースティック・ギターを抱えなんて語りたいところだけど、その④-“I Do”ではBarney McKennaがアコースティック・ギターを弾いているようだ。(過去音源では彼自身がギターを弾いているものもある) せせらぎを連想させるアコースティック・ギターとその歌声にそっと差し込まれる口笛。やがてあたりも暗くなり、ぽつん、ぽつんと灯る町明かり。町明かりをぼんやりと眺め郷愁を灯すようにエレピがぼんやりと浮かび上がる後半といい何ともノスタルジックで心地良い。


・Tracklist

1. Christina / Corrin
2. Lovely
3. Great Goodbye
4. I Do




6 CommentsPosted in Kwesi K

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-6 Comments
By i-cense05 02, 2014 - URL [ edit ]

Lovely..素晴らしい。写真家と聞いて納得!イントロからビジュアルが鮮明に浮かび上がりました。後半の盛り上がりはちょっと意外でしたが(勿論良い意味で)黒船様は毎回隙のない選曲で情報不足の自分にとって大変助かっております!これからもヨロシクです。

By SOULいまだに乙女05 12, 2014 - URL [ edit ]

アコースティックな音が良いですね。声も。
どうでもいいことですが、この方、横顔がお好きなんでしょうか。

そういえば、別のミュージシャンなのですが、他人のツイで、JAMES TILLMAN というミュージシャンを紹介していて、調べたらなかなか良かったんです。まだデビューしたばかりなのか、EPくらいしかみつかりませんでした。

By phatkat05 14, 2014 - URL [ edit ]

i-censeさん、はじめまして。

いやいや、こんなにも共感して貰えるなんて嬉しくてタマリマセン。全体的にトーンを抑えた中で、ああいった意外性に僕はヤラれますねぇ。本当に嬉しいですわ。それから、「様」なんて柄じゃないので、「さん」とかでOKですよ。僕もi-censeさんや当Kurofune Crewに遊びに来てくれている皆さんと等しく探求者、愛好家の一人ですから。情報量が多すぎて多分に隙も見せますが、これからも宜しくお願いします!

By phatkat05 14, 2014 - URL [ edit ]

SOULいまだに乙女さん、こんにちは~。

むむ、横顔の件ですがご存知のとおり彼は写真家の顔も持っています。かな~り勝手な推測ですが、いつも決まって同じ向きの横顔なので、音楽家としての顔を表しているのかも。まさか、モデルのように自分が映える向きがあるとかじゃあないと思いますよ多分・・・

James Tillman・・・むゥ、覚えがあると思ったらUP予定のアーティストとしてブックマークしていましたねぇ。その前後に依頼や仕事が入り、終えたら体調が崩れ、もはやタイミングを失ってしまった感が(汗)
EP 「Shangri La」リリース直近はBandcampの人気、支持者も日本人の方を含む少数で、何故に?なんて思っていたけど、そのBandcampでも上位に食い込んでいるようで一安心!ジャケといい、ムードのある方ですわ。

By SOULいまだに乙女05 15, 2014 - URL [ edit ]

黒船さん、体調崩していたんですか。天気が不安定で、寒かったり暑かったりの時期、変温動物ではないから人間は大変。お体お大事に。お互いに気をつけましょう。

By phatkat05 15, 2014 - URL [ edit ]

SOULいまだに乙女さん、おはようございます。

ありがとうございます。今回は1つの症状が治ったと思ったら、はい次。と言わんばかりに病魔にちょっかいを出されて体調を崩してしまいました。ホント、お互いに気をつけましょうね。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。