スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Moonchild - “Please Rewind”

03 31, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Neo-Soul,Soul-Jazz,R&B,R&B2010
Moonchild - Please Rewind


Moonchild - “Please Rewind” 

ネオソウル界の新星として登場するや否や、処女作 【Be Free】 が人気を博し、現ネオソウル界を牽引するバンドとして仲間入りを果たしたL.AのトリオMoonchild
世界に散らばるネオソウル~ミュージック・ラヴァーが切望した彼らの2ndアルバム 【Please Rewind】 は、現在はBandcampから消えてしまっているリードトラック③-“Don't Wake Me” (2013年の春頃にBandcampで公開されていたと記憶している)、そしてミュージックビデオの公開から後にシングル化もされた①-“All The Joy”、その後にミュージックビデオが公開された④-“Nobody”の3曲の前評判どおりの高品質な1枚に仕上がっており、その人気ぶりも絶好調。

一切の澱みを感じさせないほどにピュアで、ごくごく自然体なパーソナリティとミュージシャン・シップ。尖らず、着飾らず、ありのままに、それでいて好きだからこその彼らの芯は強く、眩く、本当に暖かい。そんなイメージというのか、「うららか」、「癒し」という言葉がピッタリな①-“All The Joy”と④-“Nobody”の2曲は決して外せない。この2曲はどちらも鳥の囀りを用いていたりと、凡その曲が夜に適したムードを放つ中で昼に適した雰囲気を持ったタイプ。
それともう1曲、決して外せないのが③-“Don't Wake Me”。流石、Neo-Soulバンドの新星として登場しただけのことはあるなぁ、と溜め息が出てしまう程の出来栄えで死角なし。つまり、先行公開されてきた3曲はどれもスバラシイということ!

これは外せないということで上記の3曲を先行して紹介したのだけれども、②-“The Truth”では、ヒップホップとエレクトロニックなフィルタを介しつつも、その質感はMoonchildのカラーを維持し、独特の心地良さを見事に表現。ノスタルジアを運ぶ夜風 (イントロ)、どこまでも広がる夜空と仰ぎ見る星空の美しさを思わせる流麗なアレンジメント、夜空を仰ぎ夢見ては心躍らせる可憐な歌声が印象的な⑤-“More Than Ever”は、聴くほどに染み入る好曲。それから、なだらかに流れるジャジー・グルーヴから、微ファンク・エッセンスを添えたライト・メロウなそよ風が頬 (耳) を撫でる瞬間 (コーラス) がこれまた本当に気持ち良い⑦-“Winter Breeze”だって負けていない。
そして、そのタイトルと虫の鳴き声にErykah BaduのOrange Moonが一瞬過ぎる締めの⑩-“Moonlight”は、毎夜変わらずその光りで優しく包み見守る月光のような包容力と神秘に満ちた半インスト・ナンバー。その構成ゆえに好みが分かれそうだけど、ヒーリング効果もありそうな不思議な魅力と深みを持った1曲。

インタールードを含む計10曲。ファンの期待に応えた、これぞMoonchildといえる楽曲が押し並ぶ、ファン垂涎の1枚かと。


・Tracklist

1. All The Joy
2. The Truth
3. Don't Wake Me
4. Nobody
5. More Than Ever
6. Just a Minute
7. Winter Breeze
8. I'll Make It Easy
9. Please Rewind (Interlude)
10. Moonlight

Moonchild - “Please Rewind”
Purchase [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Moonchild

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。