スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Afro Elements - “Out Of The Centre”

03 10, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Jazz-Funk
Afro Elements - Out Of The Centre


Afro Elements - “Out Of The Centre” 

バンドの結成は1995年ながら、なんと本盤 【Out Of The Centre】 が2枚目のアルバムというUKのバンドAfro Elementsは、Simon T Bramley (bass), Phil Nelson (drums), Neil Hunter (Fender Rhodes/keys)のトリオを基本に8ピースで臨み、Jeff Lorberをもゲストとして迎えたデビューアルバム 【It Remains to Be Seen】 をUKの良レーベルFreestyle Recordsからリリース。

なんとな~くJazzアルバムっぽい雰囲気を醸しているけど、Acid Jazzを汲むBlack Gold Massiveのバックバンドを務めた彼らの2ndアルバム 【Out Of The Centre】 は生粋のAcid JazzからJazz Funk系のアルバムなのだ。
この2ndアルバムのスペシャル・ゲストには、Brecker Brothers, the Crusaders, Miles Davis, Chico Hamilton, Airto and Flora Purim, Hubert Laws, Joe Farrell, Ray Barretto, Billy Cobham, Blood, Sweat and Tears, Taj Mahalらとの共演/レコーディングで知られるマルチインストゥルメンタリストBarry Finnertyを迎え、The Sunburst Band, Kylie MinogueらとのワークをこなすトランペッターGraeme Flowersと、IncognitoやThe Herbaliserとのワークが挙げられるサキソフォニストAndy Rossをフィーチャー。そして、メイン・ヴォーカリストにはJD73の 【Pure Gold】 に参加しているFraser Jowleを据え、ゲスト・シンガーにはJessie JのUKツアーのサポートや、Fantasiaのコンサートの助演者としてパフォーマンスを行い彼女たちを支え、最近ではAlternative R&BデュオDora Martinとしても活動をしているCherri Vを迎えている。

その中身は視聴者のほぼ全員が聴けば、まずそう感じるであろう爽やかなヴォーカル&コーラス、ライトなグルーヴという「爽やか」二乗の相乗効果に加え、ライト・メロウなエッセンスが零れる①-“It Feels so Good”、③-“Your Eyes”、⑤-“Lift Your Life”、⑦-“(You're Just A) Waste of Time”といったフロアライクなナンバーから、他曲に比べると泥臭いプレイをみせるファンク②-“Kamura San”に、BeatlesのナンバーをファンキィVer.へと昇華させたJazz Funkチューン⑧-“Eleanor Rigby”など計10曲を収録。言うまでもなくBrand New HeaviesやIncognitoあたりを好む方の音癖を特にくすぐるであろう1枚。


・Tracklist

1. It Feels so Good
2. Kamura San
3. Your Eyes
4. Out of the Centre
5. Lift Your Life
6. Afrolude #2
7. (You're Just A) Waste of Time
8. Eleanor Rigby
9. Formosa
10. The Sheriff, Pt. 1 & 2

Afro Elements - “Out Of The Centre”
Purchse [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Afro Elements

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。