スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Renee Dion × Jon Rogers - “51st & Cornell”

02 10, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,beats,lounge
Renee Dion × Jon Rogers - 51st & Cornell


Renee Dion × Jon Rogers - “51st & Cornell” 

2月22日にアルバム 【MOONLIGHT】 のリリースを予定しているRenee Dion × Jon Rogers。それぞれソロ活動も行っているのだけれども、2013年の12月にはRenee Dion × Jon RogersとしてEric Robersonのオープニング・ライブもこなしているようだ。
現在、Bandcampではミュージックビデオが公開されているこの“51st & Cornell”と、Soundcloudで数ヶ月前に公開された1曲で評判のあった“Love Echos”のオリジナルと、Mecca:83によるリワークの計3トラックが先行公開されており、予約受付中。

Renee DionはEric Roberson, N'Dambi, Jesse Boykins IIIらのオープニングを務め、Gordon Chambersとも共演。Jazz, R&B, Hip hopをコンバインしたExperimental Soulをスタイルとした 【The Rhapsody Inn】 を2011年にリリース。あのTall Black Guyとはタッグを組み、コラボレーション・トラック“THRILLER”もリリースしているオハイオ州コロンバス出身のシンガーソングライター。

一方のJon Rogersは、M▲GGZでも知られているビートメーカー / emcee。Moka Only & Chiefの“Mess Around”のリミックス・コンテストのチャンピオンでもあり、M▲GGZ名義(トレードマーク)では、春夏秋冬をリリースしているSoundscapesシリーズや、Feelin’ musicからリリースした 【Fragments of Mind】 なども人気がある。最近ではMoka OnlyのMartian XMAS 2013や、Nick WisdomのMissus Peelなんかでも顔を覗かせていたよね。

チル味成分たっぷり、ラウンジライクな“Love Echos”もムーディーでGoodです。


Renee Dion × Jon Rogers - “51st & Cornell”
Purchase [ amazon | iTunes ]


“Love Echos”
Purchase [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Renee Dion × Jon Rogers

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。