スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Lady Daisey - “Get Got” ft. George Clinton

02 08, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Lady Daisey - Get Got ft. George Clinton


Lady Daisey - “Get Got” ft. George Clinton 

1stアルバム 【In My Pocket】 をbbeからリリースした2010年から約4年目にしてソロの2ndアルバム 【In My Headphones】 を2月24日にリリースするLady Daisey

言わずもがなのレーベルbbeからのリリースに加え、中身の伴った1stアルバムで確かな評判を得ながらもようやくリリースされる2ndアルバムは、Rawkus50にもセレクトされたユニットThe Smile Raysとして彼女と共に活動をしていた旦那様Batsauceが前作同様、この1stシングル“Get Out”を筆頭にプロデュースしているようだ。
BatsauceはこのThe Smile Raysをはじめ、彼女の1stアルバムのプロデュース、そしてTypical CatsのQwazaarとタッグを組んだヒップホップ盤 【Bat Meets Blaine】 をシカゴのGalapagos4からドロップしている。ちなみにヒップホップ最高!なんて方はQwazaar & Batsauceの 【Bat Meets Blaine】 もオススメしたいところ。#07収録の“Surrealism”にLady Daiseyがゲスト出演しているしね。

とまぁ、Batsauceにかかればソウルフル/ファンキィなんてのはお手のもので、あのGeorge Clintonをも巻き込んだ2ndアルバムからの1stシングル“Get Out”もファンキィそのもの。そして、彼がヒップホップもイケる口なんてのは先に挙げたとおりで、この“Get Got”にしたってヒップホップのファクターが汲み取れるファンキィなビートなのだ。要はFunk/HipHopの両フリークに訴求できる魅力を備えているってこと。とくれば...Lady Daiseyは可愛らしさを残した声質から、節々でファンキィに捻りまくる実にコケティッシュな歌唱で興奮を誘う。う~ん芳しきかなナイス・スメル。


Lady Daisey - “Get Got” ft. George Clinton
Purchase [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Lady Daisey

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。