スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Emily King - “Distance”

01 28, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Emily King - Distance


Emily King - “Distance”

シンガーを目指す傍らでソングライティングにも着手していた彼女のギターを弾き歌うその頃の活動がChucky Thompsonの目にとまり、共にデモテープを作成し始める。後にJ Recordsと契約を結び、Salaam RemiやMarsha Ambrosiusを制作陣に迎え、2007年にリリースされたデビューアルバム 【East Side Story】 はグラミー賞のBest Contemporary R&B Albumにもノミネートされるなど、賞賛をもって迎え入れられていた。

しかし、J Recordsの下を離れた彼女は自身の原点に戻ったレコーディングを始め、2011年にEP 【The Seven】 をセルフリリース。デビューアルバムが良作であると同時にEmily Kingの資質が他のアーティストと異なるモノだということを示した1枚であったものの、ところどころに『売り』を意識させたそのプロダクションと打って変わり、R&B, Soul, Folk, Popといったそれらのどのジャンルもが嫌味なく、そしてごく自然にミックスされた誰からも愛されるであろう普遍的なサウンドと、Emily Kingの個の深化を見せたこの 【The Seven】 はとびきりの作品だった。

数多のファンと新たなファンの心を掴んだ 【The Seven】 の翌年には“Ordinary Heart”というフリートラックもリリースしていたEmily Kingだけど、久しぶりの新曲となる“Distance”を先ほど発表!
身近に感じる等身大のサウンドの温かみと、エモーショナルかつソウルフル、時にラブリーな表情も見せる魅惑のヴォーカルにうっとり。この声、このサウンドの恋に落ちるというのか?とても満ち足りた気分にしてくれる1曲。ステキです。


Emily King - “Distance”

0 CommentsPosted in Emily King

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。