スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Nick Wisdom - “Missus Peel”

12 29, 2013 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,beats,electronic
Nick Wisdom - Missus Peel


Nick Wisdom - “Missus Peel”

モントリオールに拠点を構えるNick WisdomはJellyfish Recordingsから6つのアルバム(Missus peelを含めると7つ)を残しているヒップホップ / エレクトロニック・プロデューサーで、そのJellyfish Recordingsの副社長でもある。
Nick WisdomはこれまでにMoka Only, Maggz, Claire Mortifee, Panther & Frank Nittらのトラックをプロデュース。OkayPlayerやMoovmnt、22tracksなどにも彼のビートは取り上げられているし、彼が生み出した“Alien Kiss”によってグラミー賞受賞者Chin InjetiのBig Beat Battle contestの勝者の座を奪っている。また世界中から発掘した新しい才能 (アーティスト/プロデューサーなど) を紹介しているメルセデス・ベンツのミックステープにもフィーチャーされるなど、その注目度は高い。

通産7枚目となる 【Missus Peel】 では先に名前が挙がったMoka Only, Maggz (Jon Rogers) を筆頭にモントリオールのプロデューサーPomoにHeadspaceことJellyfish Recordingsに属するヴァンクーヴァーのDJ / プロデューサーEli Muroらが名を連ね、全9トラックを収録。

何だろう?水遣りの音にも聞こえるSEをバックに響くスウィートなSynthsのその甘さが美味いということに尽きるだろうけど、吐息めいたJazzyなヴェールや優雅なストリングスなども交えた甘露#1-“Missus Peel”。ノスタルジックな仕込みの中に微かに香る8-Bit風味とJazzyな趣向がグッド・ヴァイブを生み出しているレイドバック・ナンバー#4-“Beach Day”
パワフルなドラムプログラミングに押されるSynthsは力強くも美しく躍動感溢れ、エレクトリックな交信が飛び交う#5-“The Plateau”なんかは、タイトル繋ぎで言えばNext Plateauなんてトラックが収録されているKing BrittのAdventures In Lo-Fiあたりのコズミック・アドベンチャー感と近い感触を受けるかな。
他、オリエンタルなムードを放つ上モノ&ベースライン、そして絶妙の歌モノ感覚が織り交ぜたバランス感覚が物を言う#6-“Dreamland”もいい感じだし、言うまでもなくアレとアレはかかっているであろう#8-“Snoopin' Pt 2”の爽快なノリもEPにメリハリを与えていてイイと思う。

好みがエレクトロに傾向する方にとってみればアレかもしれないけど、僕はMoka Onlyをフィーチャーした2トラック (#4 & #6) が好み。


・Tracklist

1. Missus Peel ft. Pomo
2. Demons
3. Giants ft. Jon Rogers & Solar-C
4. Beach Day ft. Moka Only
5. The Plateau
6. Dreamland ft. Moka Only
7. Anything 4 U ft. Amaris Daniel
8. Snoopin' Pt 2 ft. Eli Muro
9. Outkast - Ms. Jackson ft. Kendrick Lamar [Potatohead People Remix]

8. Snoopin' Pt 2 ft. Eli Muro


Nick Wisdom - “Missus Peel”

0 CommentsPosted in Nick Wisdom

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。