スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Debra Debs - “LifeCycles”

11 25, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Neo-Soul
Debra Debs - LifeCycles


Debra Debs - “Lifecycles” 

今回はロンドンをベースに活動をしているシンガーソングライターDebra DebsのLP 【LifeCycles】 をチョイス。

Jill Scott, Lauryn Hill, Mary J Blige, D'Angelo, Ella Fitzgerald, Toni Braxtonなどから影響を受けたのだと語る彼女の音楽は、 Neo-Soulと90's R&Bのグルーヴを融合させた本LP 【LifeCycles】 を聴く限りでは特にJill Scottと熟成期に入ったMary J Bligeからの影響を強く感じさせる。
熟成期の~という点は自らをSoulfullyafro-rnbjazzythingy songstressと表しているように、落ち着いた艶ソウルで全体を覆うジャジーなヴェールがまたそのように感じさせ、その艶に対してアルバムコンセプトに掲げている90'S R&B Grooveやヴォーカル・アプローチでちょっぴりスパイシーな芳しさを添えることで洒落っ気やJazzy1本道ではないアルバムに仕上げていると思う。

さて 【LifeCycles】 だけど、2011年にリリースしているEP 【Whuman】 の延長線上で、EPと同トラックもLPには収録されている。そしてこのアルバムに掲げているA blend of Neosoul and 90's RnB grooves.というコンセプトを明確に表現しているのが冒頭の#1-“Caught Up”。聴けばなるほどの1品じゃないかな。
#3-“Love Galore”は遡ること2011年には発表していた1曲で、彼女の思い入れも強いであろうSoulful R&B。続く#4-“Fizzy Lemonade”も先行して公開していたトラックで、Acid Jazzっぽさも匂わせるNeo-Soulチューン。#5-“Sometimes”はMusiq Soulchildあたりのネオソウル・サウンド味を放つSynthsや反響するKeysに被せるヴォーカル・アレンジは90's R&Bという組み立て。
そうそう#6-“Blew Your Mind”なんかは特にJill Scottっぽさをムンムンと匂わせる。そのNeo-Soulを軸としながらも、どことなくNJSっぽさも香り立ちヒートアップしていくファンキィな1品。#9-“Chasing Dreams”はEric RobersonのThe Vault, Vol. 1.5あたりの雰囲気に近いかなぁ。神秘的な揺らぎが印象的。 #11は#4のHouse RMXもの。このRMXにはSmooth Jazz Remixも存在するのだけれども、本盤ではAfrobeatを練りこんだSoulful Houseを収録している。締めの#12-“Awake With You”はネオフィリーなんて言葉も飛び出したあの空気感を漂わせるLive Band形式のソウルだけど、ほどよくキャッチーでとても聴きやすい。因みにYouTubeではアコースティック・セッションのビデオがアップロードされており、その視聴数は168,000にのぼっている。


・Tracklist

1. Caught Up
2. Clear My Name
3. Love Galore
4. Fizzy Lemonade
5. Sometimes
6. Blew Your Mind
7. Daddy
8. Blending Colours
9. Chasing Dreams
10. Speeches
11. Fizzy Lemonade [Soulful House Remix]
12. Awake With You

※JPN, USを含めiTunesでも未発売。#3, #4, #8, #9, そしてLPには収録していないAfrica "Higher Higher"を収めた5トラックEP 【Whuman】 のみ取り扱いを確認。
※11/30にiTunesでの取り扱いを確認。


4 CommentsPosted in Debra Debs

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-4 Comments
By SOULいまだに乙女11 28, 2013 - URL [ edit ]

こんにちは。
これは凄くいいですね。ピン、ときました。未発売というのが残念。

By phatkat11 29, 2013 - URL [ edit ]

SOULいまだに乙女さん、おはようございます。

EP 【Whuman】 のほうはiTunesで取り扱っているという流れから恐らくは本盤もいずれ取り扱われるのではないかと。けっこうあるんですよね~Bandcampなどでは公開(販売)しているけどiTunesなどでは遅れて取り扱いが開始されるケース。

By SOULいまだに乙女12 06, 2013 - URL [ edit ]

iTunesで購入できました。情報ありがとうございます!!!!!

By phatkat12 06, 2013 - URL [ edit ]

SOULいまだに乙女さん、おはようございます。

わざわざお礼のコメントまで...いやいや、こちらこそありがとうございます!!
さりげない一言(お礼)、本当に感謝です。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。