スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Malice & Mario Sweet - Enjoy:Like:Love

08 02, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Malice & Mario Sweet - Enjoy:Like:Love


Malice & Mario Sweet - Enjoy:Like:Love 

The Physicsのバック・ヴォーカルを務めるなどシアトルをベースに活動を続けてきた夫婦デュオMalice & Mario Sweet
彼らの結婚2周年記念のプロジェクトEPとしてリリースされた 【Happy 2 Year】 に続きリリースされたデラックスエディション 【Happy 2 Year: Deluxe Edition】 は、評判を呼んだ秀盤だった。シアトルのシンガーChoklateや、シアトルのヒップホップ・デュオBlue ScholarsのGeo。シアトルには欠かせないDJ / ProducerのVitamin Dといったシアトルの面々で彩られているのもポイントが高い。その中にあって、異色にして異才を放っていたのが、幾多のビートバトルに参戦し、今や不動の人気をものにしているTall Black Guy。と、まぁナイスな面子と好曲で満たしてくれた1枚だったのだ。

で、この 【Enjoy:Like:Love】 は、1st EPと比べてしまうと甲乙ついてしまうけど、前作に引き続き制作に絡んでいるVitamin Dや、Jake One, Tall Black Guyを筆頭に、The PhysicsのJustoやEvil Needleがプロダクションに絡む質はもちろん上々。あくまで比べればというものだからね。
そのあたり (質) については、Jake Oneがプロデュース。Dj Roc'Phellaによるトークボックスのファンク味を交えつつ、その爽やかな歌い口と小気味良いライトグルーヴが爽快感を生み出すファンク・チューン<#2-“Flo Joe”>からして明白。続く、Swishプロデュースの<#3-Mork & Myndy>は、う~ん切り口がポップすぎるかなぁ。けど、その分、ノリと掴みは良い。Swish & Jake Oneが手掛けている80's の空気感とポップの均衡がとれた好感触ナンバー<#4-“Jaine Phonda”>のアディショナル・ヴォーカルでは、前作にも登場していたシアトルの人気シンガーChoklateの名も確認できる。

<#5-“Jawn Travoltuh”>は、前作でもトラックを提供したり、リミックスを手掛けていた鬼才Tall Black Guyがプロデュース。緩めに跳ねるラテン・ビートに打たれる快感と、JazzyなKeysやSynthが与えてくれるラグジュアリーな感触にほろ酔いのアーバン・ソウル/R&B。やっぱり、Malice & Mario SweetとTBGの相性はとても良い。<#6-“Goodwill”>は、Raz Simoneのラップをフィーチャーした約1:30分のインタールードっぽい1曲。<#7-“AM/PM”>は、シアトルには欠かせない男Vitamin Dがプロデュース。ブリっとしたベースが突き上げる感触とクラップや、キラキラと煌くような装飾が効いたジューシーなファンク・ナンバー。<#8-“Eddee Murfy”>は、再びJake One & Swishコンビが手掛けている。80'sライクなドラムプログラミングにアーバニズムを掛け合わせた、そのしっとりとした艶が実にそそる。

<#10-“Pherris Buellur”>は、Crispyがプロデュース。ちょいとチキったレイドバック・ビートにラップ手前の前のめりな歌唱を織り交ぜ、そこにどちらもシアトルで活躍をしているThe PhysicsのメンバーThig Natと、Royce The Choiceをフィーチャリングするというヒップホップのファクターが濃厚な1品。歌モノとラップを混成した1粒で2度オイシイ的な手が好みな方はコチラを。締めの<#11-“Fantasee Island”>は、旬なビートメーカーEvil Needleがプロデュース。この艶かしいビートと空想的なサウンドからしてセクシーだけど、その歌声も肉感的で妖艶という艶曲っぷり。この人も本当に人気があるビートメーカーで、リスナーのみならず、アーティストからの人気もある。実際、Evil Needleのビートをバックトラックに使っている曲も見かける。

Malice & Mario Sweetを初めて耳にしたという方は、本盤と一緒に 【Happy 2 Year: Deluxe Edition】 の視聴もオススメしたい。


・Tracklist

1. Intro
2. Flo Joe
3. Mork & Myndy
4. Jaine Phonda
5. Jawn Travoltuh
6. Goodwill feat. Raz Simone
7. AM/PM
8. Eddee Murfy
9. Kortney luv
10. Pherris Buellur feat. Royce The Choice & Thig Nat
11. Fantasee Island

・Customer Ratings (08-02-2013)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Malice & Mario Sweet - Enjoy:Like:Love

0 CommentsPosted in Malice & Mario Sweet

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。