スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Astrid Engberg - Poetry Is Gone

06 08, 2013 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Beats,Electronic
Astrid Engberg - Poetry Is Gone


Astrid Engberg - Poetry Is Gone (2013) 

Astrid Engbergは、デンマークの首都コペンハーゲン出身のシンガー・ソングライター / コンポーザー / プロデューサー。
彼女はKCRWのプレイリストに挙げられていたデンマークのプロデューサーLord Aktonの“When I Get Ready For Departure”(Nanna.Bも属するデンマークのレーベルGMSからリリースしたデビューアルバム 【The Days】 に収録されている) や、ソウルフル・エレクトロオーガニック・スペースジャズ・デュオBerry Weightの 【Music for Imaginary Movies】 の数曲にその歌声を吹き込んでいる。
また、本盤に収録されている#2-“It's Been So Long”は、現在はドイツのシュトゥットガルドをベースに活動をしているセネガル出身のプロデューサーPortformatが、TDRから放ったアルバム 【Entropy】 に収録されていたもので、彼女が歌声を吹き込んでいた1曲。等しく流れる時も、その時に置かれた状況下や感情に左右され、早くとも遅くとも思える感覚的な時の流れや移ろいをごく自然に表したサウンドと、どこか先を見つめるようなAstrid Engbergの歌い口がかなりマッチしたnu-jazz/soulナンバー。

2012年には、契約を結んだPhonosaurus Recordsから彼女自らが作詞作曲した5トラックEP 【Life Goes On】 をリリース。添加物の少ない作品だからこそJazz/Bluesを根幹とするAstrid Engbergの素材(歌声)そのものをじっくりと味わえるそんな1枚をお披露目している。そしてこの歌声・スタンスがあるからこそ、彼女の歌声と、ビートメーカー/プロデューサーが放つHipHop/Electro-beatsとの狭間から忍ぶように香る特有のヴァイブや洗練された煙たさをもった 【Poetry Is Gone】 のような1枚が出来あがるのだとも実感させられる。

Blankaがプロデュースした#7-“Ouaga Noma”は、アルバムのリリース以前にBandcampのBandcamp Weekly No.4をマークしたことでも注目を集めた1品。アフリカミュージックを交えたヘヴンリーなループと歌声は、本盤の中でも毛色が異なる分とても印象的。

また、本盤の特色としてヒップホップ色が強い点も挙げられる。それはフランスを中心に活動をしているアメリカ出身のemcee Matticを4曲 (#3, #4, #6, #10) にわたってフィーチャリングしていることからも明らかだし、そのプロダクション面からも明らか。
フューチャリスティックな演出も、アフリカミュージックのヴァイブを電化したような装飾に彩られ瞬き、その核を成すビートは中々にヘヴィという、ヒップホップとしての本質(芯)をしっかりと押さえている#4-“Heaven's Shore”。大地を穿つ雨の激しさを思わせるビートと、哀切漂う上モノ & Astrid Engbergとのコントラストが効いた#6-“Rain”。加速感のあるシャープなビートと夜風が似合うジャジーなスメル。そんな洗練されたサウンドをフワリと過ぎるAstrid Engbergの歌声が実にセクシーでゾクゾクするし、この曲の主役はほぼMatticといっても差し支えない流暢なラップが加速感を煽る爽快感がGoodな、Funky DLあたりのテイストが好みならばイケる#10-“Can You Find My Love”。そこまでヒップホップ色が強くないほうが良いなんて方には、聴き易い分、飽きやすいという側面もあるけど#3-“Alright”がオススメ。

ヒップホップにウエイトを置いたトラックもしっかりと作られているし、Astrid Engbergの歌声とビートとの間で醸し出される妙もイイ感じ。Jazz/Blues/Soul × HipHop/Electronic + アフリカミュージックによる装飾もなされた 【Poetry Is Gone】 は、馴染み易くもビートも楽しめる。そんなビギナーからコア層まで楽しめる1枚。


・Tracklist

1. Poetry Is Gone
2. It's Been So Long
3. Alright (Feat Mattic)
4. Heaven's Shore (Feat Mattic)
5. Outrolude
6. Rain (Feat Mattic)
7. Ouaga Noma
8. Again
9. Away We Move
10.Can You Find My Love (Feat Mattic)

・Customer Ratings (06-08-2013)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Astrid Engberg - Poetry Is Gone

0 CommentsPosted in Astrid Engberg

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。