スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

(U)nity - Peace​.​Love & Music

06 07, 2013 | Tag,genreless,Jazz,Jazz2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,HipHop,HipHop2010,
(U)nity - Peace​.​Love & Music


(U)nity - Peace​.​Love & Music (2013)

(U)nityは、アフロキューバンの文化とモダン・ジャズ / ヒップホップを融合させた音楽を生み出すアイデアとプロジェクトを構想に抱く二人 = キューバ系アメリカ人のドラマー / パーカッション奏者Amaury Acostaと、キューバ人のピアニストAxel Tosca Laugartから始まったそうだ。

彼らはアフロキューバンの文化とモダン・ジャズ / ヒップホップを融合させた独創的な音楽を“genre-less”と呼称。(U)nityという名は、その調和からなる音楽やスタイルを指し示しているのでは?と推測できる一方で、キューバの血が流れるAmaury Acosta & Axel Toscaの二人と、ブルックリンを中心に活動をしているベーシストのChris Smith、ロード・アイランド州のプロヴィデンス育ちのサキソフォニストMax Cudworth、パリ出身のギタリストMichael Valeanuが加わったその多様なメンバーが“genre-less”サウンドを生み出すその統一性を指しているようにも思える。また勝手ながら、括弧でUを括った(U)をYouに置き換えれば、(U)nityの音楽がリスナー(U)を囲い充たしていく様子をも表しているとも受け取れる。

さてさて、そんな(U)nityのプロモーション・ビデオには何とあのRobert Glasperも登場して彼らを応援しているのだけれども、デビューアルバム 【Peace​.​Love & Music 】 の冒頭を飾る#1-“Aggayu”では、Lauren Desburg嬢も参加。彼女はなんとも口(耳)当たりの良いフェミニンなヴォーカルと、Jazz+の素養を感じさせるEP 【SIDEWAYS】 が好評だったジャズ・シンガーだ。アフロ・キューバンのリズムとモダニズム溢れるジャズ・フュージョンが爽やかに流れ込み混じる一方で、アグレッシブなパフォーマンスやウネりも見せるそのスパイシーかつスペーシーな演出が聴き手を前衛的なグルーヴへと放り込む。それはまるで空想的な世界を描いたアルバム・アートワークの世界へ放り込まれたような感覚だ。
また#3-Creepin'では、Stevie Wonderオリジナルの1曲をすっかり(U)nity色へと染め上げている。アフロ・キューバンのノリと、ヴォコーダーも交えたスウィート・ソウルが交錯。調和が取れていたそれも3分前後以降では鬩ぎ合うかのようにそのどちらもが個を主張し、互いを食わんとするような場面を持ってきたりと、聴き手のイマジネーションに揺さぶりかける。
#4-“Kingklavelude : (U) <3's Dilla”は、言うまでも無くJ Dillaに対するラブで溢れたヒップホップ/ソウルの要素が強いナンバー。また、ロゴに見覚えが...と思えば、以前紹介したDrew Visionの作品に関与していたブルックリンのSongwriters, Producers, Musicians, Arrangers, Programmers, EngineersチームThe VAMPを迎え、Axel ToscaのKeysに絞った意外や意外、シンプルな#6-“Ms.N.U”なんてのも用意されている。

何かやってくれそうな気がする。そんな気がしてならないワクワクの1枚でございます。


・Tracklist

1. Aggayu Feat.Pedrito Martinez & Lauren Desburg
2. The Chase of Benjamin Franklin
3. Creepin'
4. Kingklavelude : (U) <3's Dilla
5. D'Axels Dream
6. Ms.N.U Feat. The Vamp
7. DMT Song
8. For (U)nity

(U)nity - Peace​.​Love & Music


1. Aggayu Feat. Pedrito Martinez & Lauren Desburg
※IEでBandcampのストリームが聴けない場合もあるので、お気に入りの#1のみ念のためにシェア。



2 CommentsPosted in (U)nity

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-2 Comments
By 添え状12 03, 2013 - URLedit ]

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

By phatkat12 04, 2013 - URL [ edit ]

添え状さん?

はじめまして。
是非お時間がある時はまた遊びにいらしてください。
お忙しい中、最高のコメントをありがとうございました!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。