スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

K​-​Maxx - K​-​Maxx / Sweater Funk Presents

05 12, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Modern-Funk,Boogie
K​-​Maxx - K​-​Maxx / Sweater Funk Presents


K​-​Maxx - K​-​Maxx / Sweater Funk Presents (2013)

K-Maxxと、彼のクルーSweater Funkがおくる4トラックEP 【K​-​Maxx / Sweater Funk Presents】 は、K-Maxx曰く、あのDam-Funkからの支持も得ているのだとか。

ラヴァーズ&ダンサーに狙いを定めたモダン・ファンク・トラックを4曲収めたのだというModern Funkプロジェクトとなる本盤は、プロデューサー / コンポーザー / アレンジャー / Synths, Guitar, Bass, Drum Programmingの全てをK-Maxx自らが担当。
のっけから出し惜しみ無く振舞われる濃厚なベースラインから溢れるブギー汁&ジューシィなシンセ攻めに、目ならぬ耳が離せない#1-“Eye On U”。甘エロな音汁&グルーヴが、とろっとろのウィークエンドを演出すること間違いなしのスウィート・チューン#2-“Cupcakin'”。上手さではなく「美味さ」をふりまくコーラスがモダン・ファンクとよく絡むB級!?的な魅力でお腹いっぱいの#3-“Make It Official”など計4曲を収録。

K-Maxx
ベイエリアで活動をしているK-Maxxは、Dan the Automatorや、Tower of PowerのLenny Williams、 Too $hort、Sway & King Techなどとも関わり、実はヒップホップ・アルバム 【Still Rollin】 や、【The Whole Woo Wop】もリリースしている。
先に挙がったDan the AutomatorやSway & King Techを始め、Bill OrtizのEP 【Winter In America】 に収録されている“Word Play” (ラップ/Keys/Synths/Drumを担当) 、そして自らのプロジェクトでもKeys, Bass, Guitarを弾くマルチインストゥルメンタリストでもある彼が生み出すベイエリア・ヒップホップは、マイナー盤ながら、特に“Still Rollin”の人気は高く、そのファン層から根強い支持を得ている。


・Tracklist

1. Eye On U
2. Cupcakin'
3. Make It Official
4. My Medicine


0 CommentsPosted in K​-​Maxx

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。