スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

David P Stevens - Play It for Me (Live video)

03 18, 2013 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010,Smooth-jazz,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010



David P Stevens - “Play It for Me” (Live video) - 2013 

「もう!黒船さん...またSmooth Jazzなの!?だから...アタイが聴きたいのはR&BやSOULなのよ!」
前回我がKurofune Crewにご搭乗いただいたBraxton Brothersに続いて、またまたやっちゃうSmooth JazzからR&B/Soulを味わってみようという企画。あ、でもBraxton Brothersが初ってワケじゃないですからね。

で、前回 (Braxton Brothersの回) でよく理解したわ。スーパーとかで流れてるような感じとか言って一緒くたにしてしまってゴメンナサイ。と心と耳を入れ替えた方ももちろん。実はちょっぴりステキとか感じつつも、まだSmooth Jazzに恥じらい抵抗しちゃうツンな方も含めて、今回はContemporary-jazzからNeo-fusion、R&B、Nu-soulをもこなすギタリスト / プロデューサー / エンジニア / ソングライター / アレンンジャー / マルチインストゥルメンタリストDavid P Stevensが、3月1日にリリースした4枚目のスタジオ・アルバム“Epiphany”から、Tesa Williamsをフィーチャーしたフィリー・グルーヴ入魂のシングル“Play It For Me”のライブ・ビデオをご用意いたしました。

さらにさらに、知らない人は多分いないよね?Frank McCombと、NothendeをフィーチャーしたR&B/Soul視点で言えばシングルよりも目玉!?の実はシングルよりもオススメだったりする<#4-“Hello World”>を始め、前作The Sheddに続き参加しているCarol Riddickをリード・シンガーに据えた<#6-“Your Embrace”>、Jamie Knightを迎えたUrban-soul/jazzチューン<#1-“Shy Guy”>も収録。

「一糸纏わぬ」といったお子様には達せないその絶対的なエロさとムードを放つ<#5-“Stay Right Here”>や、George Bensonライクな王道Smooth Jazzナンバー<#7-“Overbrook Drive”>、Gerald Albrightのサックスをフィーチャーしたシングル<#2-“Just Like That”>など、その核は言うまでもなくContemporary-jazz / Fusion / Smooth-jazzだけれども、先に挙げたようにR&B/Soulを感じるトラックを収録している。

別にSmooth-jazzに限ったことじゃないけれど、R&B/SOULという主食のジャンルから少し離れてみると、違う畑でFrank McCombやCarol Riddickが歌う楽曲と出会える。そんな広がる楽しさを感じてもらったり、知ってもらえたら何より。


・Tracklist

1. Shy Guy (feat. Jamie Knight)
2. Just Like That (feat. Gerald Albright)
3. Epiphany (feat. Carl Cox)
4. Hello World (feat. Frank McComb & Nothende)
5. Stay Right Here
6. Your Embrace (feat. Carol Riddick)
7. Overbrook Drive
8. Play It for Me (feat. Tesa Williams)
9. Can't Take No' More (feat. Elan Trotman)
10. The One
11. Walkin' (feat. Gerald Veasley)

・Customer Ratings (03-17-2013)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×2)
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

David P. Stevens - Play It For Me (f. Tesa Williams - Live)

0 CommentsPosted in David P. Stevens

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。