スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Mycah Chevalier & Brian Christopher - “In the Groove”

03 16, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,R&B,SOUL/FUNK2010,R&B2010
Mycah Chevalier & Brian Christopher - In the Groove


Mycah Chevalier & Brian Christopher - “In the Groove” (2013) 

今宵はワシントンD.C.繋がりということもあってか。友人なのだというMycah Chevalier & Brian Christopherが発表したデュエット“In the Groove”をピックアップ。

猛威を奮うような凄みこそ無けれども、ロマンティックなグルーヴに埋もれるという恍惚感。Brian Christopherのスムースなバリトンと、上品な甘さと香りを放つMycah Chevalierのヴォーカルが、その恍惚感の中で優しく溶け出し混ざり合っていくメロウネスに酔えるUrban R&B/Soul。

Mycah Chevalier
Roux's Fantasy”でソロ・デビューも果たしているが、Soul/R&Bの好事家というかラジオ局を始め、その手のメディアから脚光を浴びた良心的なUrban-Soul/R&B、Neo-Soulユニットguiltypleasuresのリード・フィメール・シンガーを務めているワシントンD.C.出身のJazz/Soul シンガー・ソングライター。
guiltypleasuresのアルバム“Lovestories”自体の評判も高かったけれども、後にリリースされる“Anticipation (Remix)”はミュージック・ビデオも公開され、特に人気の高い1曲。
2012年には、ジャズ・クラシックをリメイクしたシングル“In A Sentimental Mood”を発表。このIn A Sentimental Moodにおいても、彼女のヴォーカルの美しさが、その手のメディアで取り沙汰され、最近ではご存知Maysa Leakや、グラミー賞にノミネートされたサキソフォニストSki JohnsonのUnderdogs On Topにてバック・ヴォーカルを担当。本年には新たなソロ・アルバムのリリースを予定している。

Brian Christopher
ワシントンD.C.をベースに活動をしているR&Bシンガー / イベント・ホスト。
2010年3月にデビュー・アルバム“All of me”を発表。インターネット・ショー"The Brian Christopher Show" に始まり、2012年にはインデペンデントR&Bに焦点をあてたマンスリー・ポッド・キャスト“Soulful Groovin Radio”をスタート。2013年には、シングルJust How You Feelを含むコレクションEP “The Way”を発表している。
因みに2012年度は、来日して3ヶ月程度歌っていたそうだ。


・Customer Ratings (03-16-2013)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Mycah Chevalier & Brian Christopher - “In the Groove”

0 CommentsPosted in Mycah Chevalier & Brian Christopher

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。