スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

iNDIG0 HiGH - “There's only one”

02 15, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
iNDIG0 HiGH - There's only one


iNDIG0 HiGH - “There's only one” (2013)

アートワークから勝手にビートメーカー×シンガーのデュオだと思い込んでしまったのだけれども、iNDIG0 HiGHとはパリのインディペンデント・レーベル/コレクティブLaruche.Recordsに属しているシカゴ出身のプロデューサー / シンガー / ソングライターことビートメイキング・シンガーだそうだ。

ジャンルはElectronica、Neo-Soul、Trip-Hop、Jazz、R&Bにわたるらしいのだが、それらをブレンドしたAmbient/Electronica-soulもしくはSoulful-Hiphop/R&B路線。
2013年1月にリリースしている“R V M P D.”ではAmbient/Electronica-soul色が濃厚なビートテープを披露。今回お届けする“There's only one”では、iNDIG0 HiGHの歌声も吹き込まれた (R V M P D.以前の作品でも歌っている) Soulful-Hiphop/R&Bというより、寧ろnu-soulという表現のほうが適しているのでは?といった感覚を本盤から受ける楽曲を披露している。まぁnu-soul自体が曖昧っていえば曖昧なのだけれども。

それはさて置き、電子的な冷たさは無く、ビートメイキングもふくよかさ、温かみを感じさせるものが多く淡い。そして、まるで頭の奥底に響くような繊細さとミニマリズムは、聴き手におぼろげな感触を植え付け、メロディーを歌うというよりは身体で感じたままに流れ歌うようなiNDIG0 HiGHの歌声が流れ込み「おぼろげ」な靄をより濃く深くしていく。
その「おぼろげな揺らぎ」を良しとするかが評価の分かれ目なのだけれども、ハマった時はそれ相応の中毒効果をもたらしてくれる。因みに#1、#3、#5の3曲はiNDIG0 HiGHがセルフProd.。


・Tracklist

1. Fallin
2. Found
3. Everything You Do
4. Seductive Theory
5. Lifetime


0 CommentsPosted in iNDIG0 HiGH

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。