スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

R. Cory Johnson - “The Meaning Of Love”

02 06, 2013 | Tag,R&B,2010,R&B2010
R. Cory Johnson - The Meaning Of Love


R. Cory Johnson - “The Meaning Of Love” (2013)

the Cutting Room Floor (フリー・ダウンロード・シリーズをそう呼んでいるらしい) からこれまでに第一弾“Just Cruisin'”(インストゥルメンタル)、第二弾“Good Lovin'”を送り出してきたアーティスト / プロデューサーR. Cory Johnson

実は昨年、YouTubeに公開した3曲のサンプルを聴いてもらい、リードシングルにするならどれが良いか?なんてリスナーとの距離感をグッと縮める身近な活動も行っており、その中から選ばれたのがthe Cutting Room Floor第三弾目となる“The Meaning Of Love”なのだ。
この“The Meaning Of Love”では、“The Christmas Song”でも共演をしていたギタリストRick Watford (クレジット一例ではBeyonce, Cece Winans, Gerald Albright, Jimmy Jam & Terry Lewis, Mary Mary, Luther Vandross, Joe Paceなど) をフィーチャー。
心弾むような気持ちに染めるウォームなギター、清涼感と適度に都会的なスメルを放つsmooth jazzタッチ仕込みのR&Bに、撫でるような柔肌ヴォーカルが爽やかに気分を更にもりたてていく。この程よくsmooth jazzをブレンドするサジ加減が見事にハマった昼夜どちらのドライブにも活躍できそうなライト・メロウなR&Bチューン。

因みに過去よりMichael Millionzが関わっているようなのだが、このMichael MillionzとはMo Hendersonと共にプロダクション・デュオ?カンパニー?Studio Caffé(レコーディング、プロダクション、ミキシング、プロジェクト・コンサルティングなどを行っているようだ) を運営している。


R. Cory Johnson - “The Meaning Of Love”


R. Cory Johnson - “Good Lovin'”
※何故にタグがJazz!?となってしまう好感触のR&B。

0 CommentsPosted in R. Cory Johnson

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。