スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Darondo ft. Tall Black Guy & Dandy Teru - “Luv N’Haight Edit Series Vol.5”

01 05, 2013 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Darondo ft. Tall Black Guy & Dandy Teru - Luv N’Haight Edit Series Vol.5


Darondo ft. Tall Black Guy & Dandy Teru - “Luv N’Haight Edit Series Vol.5” (2012/2013) 

Luv N’Haight Edit SeriesのVol.5は1970年代初期にDarondo, Darondo Pulliam, または綴りを誤ったDorandoという名前で3枚のシングルをリリース。ネクストAl Green or Sly Stoneとの呼び声を得つつも、これまで日の目を...という伝説的語り草をシングル+未発表曲を収録したアルバム“Let My People Go”をLuv N’Haightからリリースし、生きた伝説として証明してみせたDarondoのクラシック・ナンバー“Sure Know How To Love Me”を鬼才Tall Black Guyがリ・エディットした“I Don't Want To Leave” (Sure Know How To Love Me Re-Edit)
そして、LaidBack Radioのホスト/セレクターとしても活動する一方で、Tall Black Guy & Bastard Jazz Recordsによるコンピレーション・アルバムTempo Dreams, Vol. 1の冒頭を“Time To Reinvent”で飾り、2012年後期にはUbiquity Recordsと契約。どうやらADVENTURES LPのリリースも予定しているフランスはトゥールーズ出身のアート・ディレクター/ミュージック・プロデューサーDandy Teruがリ・エディットした“Untrue”(Dandy Teru's True Re-Edit)を収録。

なお、デジタル(iTunes)ではそれぞれオリジナルとRe-Editが収録されたデジタルEPが昨年末にリリースされており、12は現在Pre-orderとのこと。


・Tracklist

12
1. I Don't Want To Leave (Tall Black Guy's Sure Know How To Love Me Re-Edit)
2. Untrue (Dandy Teru's True Re-Edit)

デジタルEP (iTunes)
1. I Don't Want To Leave (Sure Know How To Love Me Re-Edit)
2. Untrue (True Re-Edit)
3. Sure Know How To Love Me
4. True

・Customer Ratings (01-05-2013)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - Unavailable
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Tall Black Guy + Darondo - “I Don't Want To Leave” (Sure Know How To Love Me Re-Edit)


Dandy Teru - Untrue - Darondo's "TRUE" Re-edit

0 CommentsPosted in Darondo ft. Tall Black Guy & Dandy Teru

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。