スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Collette - “Juneteenth Revolution”

12 25, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Neo-Soul
Collette - Juneteenth Revolution


Collette - “Juneteenth Revolution” (2012) 

フルアルバム“revolution”(ColletteのEP “Coco By Request”を紹介した際に僕はそう記していたのだけれども、正式なアルバム・タイトルは“Juneteenth Revolution”とされたようだ。) の前菜としてリリースされ、後にDelux Editionもリリースされた“Coco By Request”に次いで、Colletteのニュー・アルバム“Juneteenth Revolution”が12月の頭にリリースされた。

Colletteはサウスカロライナ出身。現在はN.Y.を拠点に活動を続けているシンガー・ソングライター / プロデューサー。
ゴスペルを歌っていた母の影響を受けた彼女は幼い頃からピアノとサックスを演奏し始め、歌を歌っていたのだという。ハワード大学で4年を過ごした後にはワシントンD.C.のGo-Goミュージック・シーンでバックシンガーとしても歌い、歌に磨きをかけてきた彼女は2008年に自らペンを執りサザン・ヒップホップとソウルをブレンドしたアルバム“Experience Collette”でデビューを飾り、ソングライターとしてのスキルも顕示。
また、Eric Robersonがホストを務めるショーケースへの出演や、 Chrisette Michele, Talib Kweli, Noel Gourdin, M.C. Lyte, Rachel Ferrelle, Algebraらとステージをシェアをするなど、シンガーとしてのバックボーンも確かなものを築き、2010年にクリスマス・ソング“Keep Christmas Alive”、2011年にフルアルバム“Juneteenth Revolution”のプロモーションということで、フルアルバムに収録予定の楽曲及び、Colletteのファン・サービス=ファンからのリクエスト・ナンバーとされていたと思うIndia.Arie, Erykah Baduのカヴァーを盛り込んだEP “Coco By Request”をリリース。
そして、2012年。「A laid back summertime groove....」と記されているとおりの最高のグルーヴ、オーガニックな質感&歌声でほろ酔いの極みへと導く(#05-“Material Star (Juneteenth Remix)”を発表し、2012年初旬にニュー・アルバム“Juneteenth Revolution”を届けてくれている。

さてさて、ニュー・アルバム“Juneteenth Revolution”は(#4-“Dead Wrong”)と、(#8-“Sparks”)の2曲がEP “Coco By Request”にも収録されていたもので、予定とおり本盤にも収録されている。Neo-SoulサイドのColletteが好きな僕としては特に(#4-“Dead Wrong”)が収録されているのは嬉しい。
因みに[#11-“Dead Wrong” (Juneteenth Remix)]は、Soul/Jazz×HipHopという調味料を使いクッキングした渋路線のNeo-Soulを披露。ハッキリとした味わい故に少々飽きやすさもあったオリジナルよりも僕はこの滲み出てくる旨味と深さが好み。
それと、Neo-Soul繋がりからのチョイスと言うか、この人の名があると思わず反応してしまうEric Robersonと、実は#5に登場するAkil Dasanと共に、同名となるMonetというアーティストがAmma Whattの“Maybe”に登場しているのだけれども、この流れから推測するに恐らく同一人物であろうMonetをフィーチャーした、どことなくEric Robersonの作風や香りがサウンド面にも表れている気がするEric Roberson好きは直行の(#6-“Touch”)も押さえておきたい。
そして、曲の雰囲気は先に述べたとおりだけれども、Amma Whattの“Maybe”にも登場し、ギター&ビートボックスを披露。楽曲の味わいを一味も二味も濃くしていたAkil Dasan節=ギター&ビートボックスが爽快に絡む白眉の[#5-“Material Star (Juneteenth Remix)”]
HipHopのエッセンスが濃い目に掛け合わされた2曲 = Disco/FunkなスメルとHipHopのファクターを練り込んだキャッチー&アッパーな(#2-“Baby Doll”)や、その#2をよりHipHopに傾むかせたビート × ソウルフル・ジェムをあしらったサウンド上で味わえるColletteのストレングスや、ハリのあるヴォーカルを、もしNeo-Soulサイドの彼女に偏聴して聞きそびれてしまうのならばソレは「損」以外の何物でもない(#7-“Can't You See”)といったNeo-Soulから立ち位置を変えたColletteのパフォーマンスにも是非とも耳を傾けて欲しい良質な1枚に仕上がっている。


・Tracklist

1. Juneteenth (Intro)
2. Baby Doll
3. Be Careful
4. Dead Wrong
5. Material Star (Juneteenth Remix) feat. Akil Dasan
6. Touch (feat. Eric Roberson & Monét)
7. Can't You See
8. Sparks
9. Never Told You
10. Beautiful Lovely
11. Dead Wrong (Juneteenth Remix)
12. Be Careful (Denz Uk Soul Remix)

・Customer Ratings (12-25-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

5. Material Star (Juneteenth Remix) feat. Akil Dasan

0 CommentsPosted in Collette

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。