スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Martin Parks - “Concluding Passages of a Revolution”

11 26, 2012 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,R&B,R&B2010,R&B/SOUL
Martin Parks - Concluding Passages of a Revolution


Martin Parks - “Concluding Passages of a Revolution” (2012)

イリノイ州シカゴ南西ジョリエットを拠点に活動をしているRoman Lee & Jacque Hammondによるソウル/R&B・ヒップホップ・デュオMartin Parks
2011年にリリースしたフリーアルバム“Thankful for Sound”はセルフリリースながら、オーガニックな質感や張りのあるソウルフルなビート/プロダクションを生み出すRoman Leeと、スモーキーかつソウルフル。それだけでは例えがたい雰囲気と深みのあるコクを備えたJacque Hammondのパフォーマンスは好評を博し、多くのプロップを獲得。
その後、Jacque Hammondは、とても味わい深いヴォーカルを諸作で奮う一方で、自身が全曲においてプロデュースに関与している他、ギターやKeysも披露するなどマルチな片鱗を見せているソロ盤“Lazy Love”を2012年にリリース。方やトラックメイキングの要でもあり、emceeでもあるRoman Lee Norfleetは、自身のソロ盤“The Green Whale”を同年にリリース。また、Rob Miltonの“Shine Tomorrow”のプロデュースや、前記したJacque Hammondのソロ盤のエグゼクティブ・プロデューサー / コ・プロデューサーも務め、Martin Parks(Roman Lee & Jacque Hammond)はデュオ、ソロ盤のそれぞれを通じてHipHopから、Soul/R&Bまで二人ならではの雰囲気とクオリティを奮い、新たなファン層を次々と開拓している。

そのMartin Parksが新作となる“Concluding Passages of a Revolution”を先日に発表。今作は5ifth Elementがプロデューサーとして関わっているようだが、ソウルの欠片が散りばめられたサウンド。Roman Leeの煙たくソウルフル/ファンキィなフロウ。Jacque Hammondのちょっぴり気だるく、ソウルを練り上げていく濃密ヴォイスは健在。全3曲ながら一粒で二度オイシイ(HipHopとSOUL/R&Bが楽しめる)旨味が詰まっている。


・Tracklist

1. What It's Gonna Be
2. Green
3. The City


0 CommentsPosted in Martin Parks

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。