スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Ricky White & Tk Soul - “Just Ain't Christmas (Without My Baby)”

11 23, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Holiday
Ricky White & Tk Soul - Just Ain't Christmas (Without My Baby)


Ricky White & Tk Soul - “Just Ain't Christmas (Without My Baby)” 2012 

インディー臭ムンムン、120%超えのジャケ。それは良しとしても、リスナーがスルーする確立は比較的高いセンスだということは否めない。しかし、オリジナルのクリスマスソングという新曲ながら「懐メロ」のような芳しさがこれでもかと漂う親近感。それは懐古的なスメルを注ぐRicky Whiteの甘酸っぱい声質も手伝っているのかもしれないのだが、フィメール・ヴォーカルが鮮やかに盛り上げ心躍らせるフックも心地良く、その中身は新旧R&Bファン両方の耳を捉える出来栄え。こんなジャケなのに、この質というあたりに妙な愛着心が湧くというか、くすぐられてしまうのだ。

Tk Soul (T.K. Soulと表記されることもある) は13歳の頃には曲を書き、ローカルエリアのバンドでギターをパフォーマンス。19歳にもなると家を飛び出しバンドと共にボルティモア、バトンルージュ、アトランタを回り、アトランタにてプロとしてのキャリアを始動。H-Townを含むグループのためにキーボードやトークボックスを演じていたようだが、後にサザン・ソウル・シンガーWillie Claytonがキーボードプレーヤーを探しているという話を小耳に挟み、申し入れるとキーボーディスト / バックシンガーを経てバンドリーダー / プロデューサーとしても起用され、Willie Claytonの“Wiggle”や“Party Like We Use to Do”にも関与。
その後、自身のレーベルを立ち上げるとソロアーティストとして1stアルバム“One Woman Man”をリリース。現在では10 Years of Tk Soulという2002年~2012年までの足跡を収めたアルバムをリリースしつつも、2012年10月に新作となる“Ghetto Superstar”もリリースしている。
一方のRicky Whiteは9歳の頃からステージに立っていたそうで、彼の名前とバンド名から推測しても99%の確率でファミリーバンドであろうthe White Family Bandにてライター/プロデューサーとしてのスキルをも磨いている。そんな経歴からセルフプロデュースによるソロ作“Fully Loaded”や、“Reloaded”をリリース。現在49歳ということで、40年というキャリアを積みあげてきたベテラン。


・Customer Ratings (11-23-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - Unavailable
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable


0 CommentsPosted in Ricky White & Tk Soul

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。