スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Saunders Sermons - “Just What She needs”

11 15, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Saunders Sermons - Just What She needs


Saunders Sermons - “Just What She needs” (2012)

R&BサイドではMaxwellの"BLACKsummers'night"、HiphopサイドではJay-Zの"American Gangster"他50 Cent、Diddy。そして、Jazzサイドでは"Roy Hargrove”、"José James"といった多様なシーンのアーティストと共演。Jazzを基盤としながらもSoul~R&Bもミックスした自身のソロ盤“Classic Delight”(2009) でもJazz/R&Bファンをしっかりと酔わせ、Phonte絡みの諸作を彩ってきたYahzarahを招いたシングル“You Gotta Hold On Me”(2010)もリリース。(因みにこのシングルは本盤に収録されている)
最近ではTedeschi Trucks Band‎ツアーにも参加ということで、ライブ盤“Everybody's Talkin'”にも登場しているフロリダ州マイアミ出身のソウルジャズ・シンガーソングライター兼トロンボーン奏者Saunders Sermonsが新作となる“Just What She needs”をリリース。

まず前作“Classic Delight”と比べ大きく異なるのがJazzの要素が薄れている点。そして、もう一つが2ndシングルとなる#5-“Stop The Rain”と、オートチューンが差し込まれた#6-“Predictor”では特にエレクトロ風味が塗されている。これは正直KUROFUNEにとっては悪い意味で意外だった...ホント。#5/#6と続けてそう来る分だけタイトルソング#7-Just What She Needs”の赤裸々なサウンドと歌い口が徐々に厚みと熱さを増し、じっくりと聴かせていくコクが際立つ。いや本当に残念無念。だって、どう転んだって目玉でしょう!なYahzarahをフィーチャーした1stシングル#2-“You Got A Hold On Me”と2ndシングル#5を比べるとねェ...方向性が違う。
と、初っ端に批判的なことを書いたのも期待度故。他、メリメリッと隆起する鈍いビートにしみじみとしたギターループが絡み、Jazzyなホーンが淡く色付くNeo-Soulっぽさも香る淡ソウル#1-“Something New”、Hiphopのファクターが濃い目に盛り込まれた迫るようなビートにストリングスがスリリングに舞う。そのサウンドはメラメラと燃えるジャケを見たからか?ただならぬ凄みすら抱くものだが、そんな気圧されるような雰囲気に対するMaurice " Mobetta" Brownのやや粘り気のあるラップがやたらとマッチしているR&B/HipHopチューンの#4-“I Want You Baby”、JazzとR&B/Soulを絶妙な配分で交えていた前作“Classic Delight”の感覚というか作風に近いものを感じさせるピアノ×ヴォーカルで聴かせる#9-“Don't You Understand”を収録。まずは冒頭#1と、Yahzarahとの絶妙コラボ・シングル#2のチェックを!

決して悪い作品ではないのだけれども、Saunders Sermonsというアーティストの魅力を伝えるために薦めるならば、やはり“Classic Delight”を僕は選ぶと思う。


・Tracklist

1. Something New
2. You Got A Hold On Me
3. Love Hurts
4. I Want You Baby
5. Stop The Rain
6. Predictor
7. Just What She Needs
8. When I Get That Feeling
9. Don't You Understand
10. Sample Of your Love

・Customer Ratings (11-15-2012)

※10-01-2013追記。現在ではアルバムの販売を確認できず。シングルの#2のみ取り扱っているようです。
amazon (JPN) ☆ - Unavailable
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (JPN) ☆ - Unavailable
iTunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable


0 CommentsPosted in Saunders Sermons

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。