スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Calvin Richardson - “We're Together”

09 30, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Calvin Richardson - We're Together


Calvin Richardson - “We're Together” (2012)

Calvin Richardsonはノースキャロライナ州モンロー出身。絶大な人気を誇ったR&Bグループ...な~んて皆さんにとって何を今更なJODECIのメンバーとしても活躍したヘイリー兄弟K-Ci&JoJoと幼馴染。ヘイリー一家が結成したファミリー・ゴスペル・グループLittle Cedric & The hailey Singersにも参加して、ギターを弾いていたのだという。
一方、カルヴァン家でも同じく母親を中心としたファミリー・ゴスペル・グループがあり、Calvin Richardsonは何と3歳の頃から歌い始めている。聖歌隊に参加をしながらも自由にSOUL/R&Bを聴くことが出来たカルヴァン家で育ったCalvin Richardsonは、ゴスペル以外の音楽を聴くことすら許されなかったK-Ci&JoJoがR&Bを歌いたがっていることを知り、一緒にグループを結成しようと持ちかけるのだが、ヘイリー一家はシャーロットへと引っ越してしまい結成には至らなかった。
ヘイリー兄弟と離れ離れとなったCalvin Richardsonは、再びヘイリー兄弟の姿を目にすることとなるのだが、その姿は先に挙げたJODECIのメンバーとして大成功を収めている二人だった。二人の活躍ぶりに触発されたCalvin Richardsonは1992年にUndacovaというグループを地元の仲間と結成。自身もペンを執った“Love Slave”という曲をサウンドトラック“New Jersey Drive”で披露。残念ながらUndacovaとしての活動はこのLove Slave1曲のみとなってしまうのだが、Love Slaveのレコーディング中にHeavy Dと知り合い、JODECIと同レーベルのUptown Recordsとソロシンガーとして契約を結ぶ。
その後、即デビューかと思いきや、レコード会社側の事情もあり実際にソロシンガーとしてデビューするまでには約3年という月日が経過。ようやく1999年に親会社であるUniversalからデビューアルバム“Country Boy”をリリース。商業的な面において大きな成功を得たとは言いがたいが、皆さんご存知の売れればイイってもんじゃあないのよ!モンローで同じ時を過ごし共に歌った頃から実に10年振りにK-Ciと一緒に歌い上げる#01の“I'll Take Her”でも涙ものだが、R&B(リズム&ブルース)が息づくディープサウスっぷりを発揮。Calvin Richardsonの歌声に揺さぶられ虜となったファンも多いのではないだろうか。
2001年には共同プロダクション・カンパニーを設立するなんて噂が流れたほどに仲が良かったAngie Stoneの2ndアルバム“Mahogany Soul”に収録されている“More Than A Woman”で共演。後にMore Than A Womanはシングルカットされ、グラミー賞にもノミネートされるのだがシングルではJoe‎がAngie Stoneのお相手を務めている。その原因はJ records傘下でAngie Stoneとプロダクション・カンパニーを立ち上げようとしていたCalvin RichardsonがHollywood Recordsと契約をしてしまったため仲違いになってしまったなどと言われている。
結局、Calvin Richardsonはソロ名義の“More Than A Woman”をサントラDeliver Us From Evaで披露。2003年に、Hollywood Recordsから2ndアルバム“2:35 PM”をリリース。因みに2ndアルバムではSlum VillageがProd. & 客演している1stアルバムとは異なる視点からCalvin Richardsonの魅力を映した“You Got Me High”など新しいCalvin Richardsonも発見できる。
その後...と言っても3rdアルバム以降のリリースに至るまで少々?間が空いてしまうのだが、2008年に“When Love Comes”、予てより比較対象の1人として挙げられていたBobby Womackのトリビュート盤“Facts of Life: Soul of Bobby Womack” (2009)、大胆不敵なタイトルを冠した“America's Most Wanted” (2010)の3枚のアルバムをShanachie Entertainment/Numo Recordsからリリースしている。

通算5枚のスタジオアルバムを残しSOUL/R&Bファンを楽しませてきたソウルプリンスCalvin Richardsonは現在ニューアルバム“Enough Said”を製作中とのことで、Enough Saidからの1stシングル“We're Together”のメイキングビデオが公開されている。


“We're Together” メイキング・ビデオ

0 CommentsPosted in Calvin Richardson

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。