スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Lauren Desberg - “SIDEWAYS”

09 28, 2012 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010
Lauren Desberg - SIDEWAYS


Lauren Desberg - “SIDEWAYS” (2012) 

今回はジャズシンガー“Lauren Desberg”のEP “SIDEWAYS”をピックアップ。

実は本盤“SIDEWAYS”はHerbie HancockやWayne Shorterという大御所をも虜にしたジャズシンガーGretchen Parlato (詳しいBIOは、彼女のオフィシャルサイトのBIOページに掲載されているCD JOURNAL Interview/[PDFで閲覧できる]を参照) がプロデュースしている。
他、Downbeat Magazineで4つ星評価を獲得し、Billboard magazineのTraditional Jazz Albumsの11位をマークした初リーダー作となる“The Timeless Now”を2007年に残し、高い評価を獲得しているテナーサキソフォニストDayna Stephensや、グラミー賞に2回ノミネートされているジャズピアニストTaylor Eigsti、19歳という若きベーシストだが、ジャズのみならずゴスペル、ファンク、ラテン、R&Bを吸収したリズム感やセンス。そしてオフィシャルページではNirvanaのSmells Like Teen SpiritのジャズVer.が聴けるなど型にはめない柔軟さをうかがわせるJosh Crumblyらが参加。
プロデューサーとして他曲でもサポートしているGretchen Parlatoのヴォーカルもフィーチャーした(#01-"You Go to My Head")、Richard Rodgers & Lorenz Hartによるポピュラーソング(#02-"Spring Is Here")、Grover Washington Jr.の(#03-"Mister Magic")、Herbie Hancockの(#04-"Come Running to Me")の全4曲を収録。

なんとも口(耳)当たりの良いフェミニンなヴォーカル。そして、そのヴォーカルの柔らかさを生かすTaylor Eigstiのエレガントなピアノと、Dayna Stephensの温かくも色気のあるサックスが、より一層にLauren Desbergという女性はどんなヒトなんだろうという想像へと掻き立てる(#01-"You Go to My Head")、もしかしたら、ジャズ畑外のアーティストとのコラボも今後有り得るのではないと思わせる、ややアンニュイな趣きを帯びたソウルフルなテイストが、まるで爽やかに喉を抜ける微炭酸飲料のようにフレッシュに抜けていく(#03-"Mister Magic")、ファンクなスメルを内包したモダンジャズのグルーヴに添えられるアルバム内において特に透明度の高さを誇るヴォーカル・スタイルが好きなのだけれども、エフェクトを含めクラブジャズ的アプローチで跳ねる(#04-"Come Running to Me")など、鮮やかに魅了していく彼女の魅力は、何も聞かされずに、どういったジャンルのシンガーだと問われれば、まずジャズシンガーだとは答えないであろうギャップのある容姿(twitterの写真より)とやがては重なり、その魅力の破壊力を後からジワリジワリと確実に増し、人気が高まっていくような気配を感じさせる。秋の夜長のパートナーとしては勿論、普段ジャズを聴かない方にもオススメしたいアーティスト。


・Tracklist

01. You Go to My Head (feat. Gretchen Parlato)
02. Spring Is Here
03. Mister Magic
04. Come Running to Me

・Customer Ratings (09-28-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
iTunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×5)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable


0 CommentsPosted in Lauren Desberg

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。