スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Mio Soul - Amy Winehouse "You Sent Me Flying" Tribute Remix

07 26, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,House,
Mio Soul - Amy Winehouse You Sent Me Flying Tribute Remix


Mio Soul - Amy Winehouse "You Sent Me Flying" Tribute Remix (2012)

ここ日本でも彼女のEP “In My Skin”を耳にしたリスナーもいるのではないだろうか?とくにオフィシャルビデオも公開されていた“I Wish”は、ジャジー&メロウなR&Bスタイルのプロダクションと彼女の声質・雰囲気がマッチしたセンスが遺憾なく発揮されていた。

彼女の詳しいBIOは下記を参照いただくとして、Mio Soulから新しい音源が届けられたのでご紹介。タイトルを見てもらえれば判るようにAmy Winehouseの"You Sent Me Flying"をMio Soul自らがリミックスを手掛け、歌い上げたAmy Winehouseへのトリビュート・リミックスとなる。

House仕立てのリミックスで調理したものなのだけれども、KUROFUNEは消化不良。理由はいたってシンプル。“I Wish”のような楽曲を歌うMio Soulが良いということ。そう思うリスナーは決して少なくないと思うのだけれどもどうだろう。
亡きAmy Winehouseへの尊敬の意を込めて自身でリミックスを手掛け歌い捧げるという思いは素晴らしい。でも、SOUL/FUNK/R&B/HipHopを主食とするKUROFUNEとしては、ソウル/ファンク/R&Bが希薄なHouse/ダンスミュージックに聞こえてしまい、惜しいなぁと。尊敬の意を込めているのであれば、もう少しでもソウルくさかったり、ジャズっぽい香りが含まれていも良かったのに...なんてね。
とは言え、Mio Soulの日本語ラップも飛び出すテクノ/ユーロビート系のダンスミュージック"Let's Party" (EP収録) が好きな方は全く気にならないだろうし、寧ろ好みの部類に入るタイプではないのだろうか。このあたりは個々の音癖の問題なので何が正しいとか、良い悪いなんてことはないが、やはり“I Wish”のような楽曲を歌うMio Soulを希望したい。


-BIO-
アメリカのテレビドラマに与えられる賞であるエミー賞(音楽賞)の受賞者であるDave Hnatiukが「Mio Soul is like a Japanese version of Alicia Keys」と評する東京出身。現在はNYで活動中のシンガーソングライター / トラックメイカー“Mio Soul”
これまでにA Tribe Called Questのバックアップを受け90'sに活躍したニュー・スクール・トリオFu-Schnickensの"Chip Fu"や、Mariah Carey, Beyonce, Janet Jackson, Madonna, Whitney Houstonといった洋楽に少しでも触れたことがある方ならば周知であろうメジャー級のアーティストのリミックス / プロデュースを手掛けてきた"DJ Gomi"らとのワークもこなし、友人と企画したのだというブロンクスにて開催した東日本大震災のチャリティーイベントDomo Arigato Festivalの売上金全額をジャパンソサイエティーに寄付をしてくれている。
そんな彼女のスタイルは、オールドスクールからR&B、ソウル、ポップ、ダンスミュージック、ヒップホップまでジャンルを問わないそうだが、ゆっくりと時間をかけ溶け込みながら味わいと深みを増していく、その独特の雰囲気を醸し出すヴォーカルの声質が魅力的。


Mio Soul - Amy Winehouse "You Sent Me Flying" Tribute Remix

Mio Soul - "I Wish" [Music Video]
Purchase [ amazon | iTunesicon ]



●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Mio Soul

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。