スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Funkommunity - “The Light” / “Pass It On” / “Dandilion”

07 19, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010



Funkommunity - “The Light” / “Pass It On” / “Dandilion” (2012) 

Opensouls、Solaaなどを含む多くのバンド・メンバーとしても活躍。これまでにElectric Wire Hustle、Aaradhna, Ladi6, Mara TK、Julien Dyne、Mark De Clive Loweらとのコラボレーションをこなし、兄弟のMark McNeillと製作にあたったKarlmarx名義のアルバム“The Karlmarx Project” (2011) をMelting Pot Musicからリリース。 同じく2011年にはソロデビュー・アルバム“Eye See”を放ち、Soul、Jazz、Electronicaを融合させたそのセンスをBenji Bも称賛するプロデューサー / ミュージシャン / DJ “Isaac Aesili”と、先に挙がったIsaac Aesiliのソロデビュー・アルバムで共演を果たしている“Rachel Fraser”を核に、Tom Broome - (Drums)、Marika Hodgson - (Bass)、Dan Ryland - (Guitar) から成るニュージーランドの5ピースバンド“Funkommunity”

ニュージーランドとオーストラリアでは2011年10月にリリースされているのだが、2012年7月20日にMPM (Melting Pot Music) から世界デビューを果たすべくジャケも新たに“Chequered Thoughts”が投下。

80's boogie、ベースライン、コンピューター・ビーツへの拘りを織り込みながら仕立てるIsaac Aesiliの趣向が張り巡らされた“Chequered Thoughts”は、80's boogie、ベースライン、コンピューター・ビーツの3点セットが特に顕著なハンドリング。ドラムプログラミング、ブリっとしたベースライン、ギターリフは芳しい80'sのフレイヴァを放ちつつ、悶絶チルなヴァイブを放つフェンダーローズや、ソウルフルなSynthがレトロモダンという80'sへの懐古に留まらないプラスαのモダンなKiwi Soul (ニュージーランド・ソウル) を披露する("The Light")、持っていたサクランボが爆発すれば、Gメンのように列を成して歩くシーンもあるPV。そんなスパイ?刑事?モノのニオイも感じさせる肩で風を切るような、ちょっぴりスリリングでファンキー。そしてクールな展開 (勿論、フューチャリスティックな味付けが少々されている) に、小気味良いRachel Fraserのヴォーカルが絡む軽快なSOUL/FUNKチューンとなる1stシングル("Pass It On")、グニャリと捩れた空間を描くアトモスフェリックなサウンドは目的地へと近づくにつれて (PV参照) シグナル音のようなものが過ぎる。目的地に着く後半では重厚な電子音という潮騒が打ち寄せ、Rachel Fraserもネオソウルっぽいと言うのか、アンニュイな歌唱でゆらりゆらりと歌いあげる今風のエレクトロソウルとなる2ndシングル("Dandilion")など多様なトラックが収録されているようだ。

因みにKUROFUNEはThe Lightがツボでございます。


Funkommunity - “The Light”
Pre-Order on iTunes "Chequered Thoughts"、amazon - "Chequered Thoughts"、HMV - "Chequered Thoughtsicon"

Funkommunity - “Pass It On”


Funkommunity - “Dandilion”



●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Funkommunity

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。