スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

The Doppelgangaz - “Beats For Brothels, Vol. 2”

07 17, 2012 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
The Doppelgangaz - Beats For Brothels, Vol. 2


The Doppelgangaz - “Beats for Brothels, Vol. 2” (2012) 

“The Ghastly Duo EP” (2008), “2012: The New Beginning” (2009), “Beats For Brothels, Vol. 1” (2011)の3作品を穴蔵から放ち、2011年に満を持してリリースした“Lone Sharks”で更ならプロップスを大きく獲得してきたMatter ov Fact & EPによるN.Y.のヒップホップ・デュオ“The Doppelgangaz”
怪しいユニット名とくれば、黒頭巾&マント。 プロモーションビデオは荒廃・退廃的なイメージを抱かせるモノからカルトめいたモノが用意されるという人を虜にする「アク」を放つ。そんなThe Doppelgangazの世界観が統一されているのも、トラックメイキングもマイクもMatter ov Fact & EP自らが捌くところにあるのだろう。

一度病みつきになれば引き返せないヴァイブは本盤 『Beats For Brothels, Vol. 2』 でも健在。インストゥルメンタルが主軸の作品だが、おどろおどろしさが張り詰める(#05-"Whole Wide World")、クオリティも素晴らしいが、早々に垂れ流す怪しさ全開のPVに呑まれる(#12-"What Am I")、乾いたスネアとノスタルジックなノイズに交錯する褪せた色彩 (音色) を放つジャジーなエッセンスが効いた(#15-"Schemes")、濁りとリバーブをかけたような太いビートに、靄がかったようにストリングスとKeysが覆うミスティックな(#17-"Cover Blown")はラップが挿入。
濁りブクブクと沈んでいくような鈍い空気感。The Doppelgangazの世界に足を踏み入れてしまったことを知らせるかの如く空を切り虚ろに刻まれていくスネアやハイハット。郷愁や煙たさといった男心をソソるセピアがかったネタの抽出などが描き出す倒錯したような奇怪さを心地良く感じてしまう。また、箇所箇所に忍ばせるメロウ&スムース、ジャジーな欠片が、その奇怪さから得られる快感の助長と同時に奇怪という言葉では魅力を形容し難い別の味わいを生み出しているのも魅力的で変態的な部分も憎めない。
先に挙げたラップを乗せた4曲は勿論のこと、ジャジーな(#03-"Reign Dance")、Souls Of Mischiefあたりの空気感がムンムンと香りたつ(#10-"D. Flutie")や、桃色に倒錯するメロウな(#16-"Sick Perv")もGoodなので是非。


・Tracklist

01. Trembling Fever
02. Eye
03. Reign Dance
04. Last Breath
05. Whole Wide World
06. Caipirinha
07. Adorn
08. Black Cloak Lifestyle
09. Prolapse
10. D. Flutie
11. 91%
12. What Am I
13. Befoul
14. Frequency Levels
15. Schemes
16. Sick Perv
17. Cover Blown
18. Cotard Delusion

・Customer Ratings (07-17-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

The Doppelgangaz - “Beats For Brothels, Vol. 2”


12. What Am I


17. Cover Blown

0 CommentsPosted in Doppelgangaz, The

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。